FC2ブログ

Paypayを使って見ました

 Paypayが「ペイペイで支払ったら20%戻ってくる!」キャンペーンをやっていたので、早速アプリをダウンロードし、Yahoo!カードを登録して使って見ました。まあ、こんな無駄遣いを促すキャンペーンにホイホイ乗るあたり、私の情弱ぶりがわかろうというものですが。実際問題として、比較的近くにビックカメラやファミリーマートがあり使用機会には事欠かないのと、iPadが欲しかったのですがApple製品の割引やポイントの還元の機会はほとんどないので、これだけでもかなり得だなと思って12月3日に登録し、4日にビックカメラとファミリーマートで使って見ました。
 ビックカメラはこちらがQRコードを読み取り、金額を入力して店員が確認してから支払う方式でした。私は比較的空いている時間に買物をしたのでレジも並ばずに直ぐ手続きできたのですが、夜は長蛇の列でしたね。流石にこれは無理があります。店舗側でバーコードを読む方式でないと厳しいですね。流石にこの短期間での導入では、全ての店舗にバーコードリーダーを用意できなかったのでしょうか。
 ファミリーマートはバーコードリーダーを扱う店員も慣れた感じで、支払いもスムーズでした。しっとりケーキ(チョコ)(=定価税込128円を)買ったのですが、ファミマTカード提示で20円引き、Paypayによる支払いで21円相当のポイント付与、87円で買ったのと同じです。購入金額か元の値段の2/3になりました。隣のおばちゃんはグラタンコロッケバーガー(=定価税込158円)を現金で支払っていました。こちらもファミマTカード提示で20円引きだったので、Paypayで支払えば実質111円で買えたのに……。
 この2日間、ビックカメラで2回、ファミリーマートで3回の支払いをしました。私はソフトバンク&Yahoo!プレミアム会員なので10分の1で当りが出て良いはずなのですが、流石に日頃の行いが悪いせいか全額還元は全く出ませんでした(笑)。バーコードリーダーのあるレジでは短時間で
支払いが終わり、支払った途端に20%の還元が画面に表示されたのには感動しました。この高還元は短期間で終わりそうですが、Paypayを契機にQRコード決済の普及に弾みがつくかもしれないですね。
 残念ながら、現状ではクレジットカードや電子マネーの方が素早く支払いできるので、その点をクリアする必要がありそうです。導入してもレジが混んでしまってはキャッシュレスにした意味が全くないと思います。
 例えば、外食に行くとテーブルで伝票を渡されます。その伝票を持って支払いに行きますが、スマホにバーコードを表示させたら、箱型のバーコードリーダーに自分で伝票とスマホを突っ込んで読みとらせるセルフレジを作れば支払いが速くないでしょうか。もしくは、テーブルでスマホに伝票を読み取らせれば支払できるようにすれば、そのまま帰ることもできます。もしポイント等の還元率が一緒なら、支払いのスピードはクレジットカードや電子マネーに軍配が上がりますので、そこをクリアしないとQRコード決済の普及は厳しいかもしれません。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

9787イオンディライト 自己株式の公開買い付け

 9787イオンディライトより「自己株式の取得及び自己株式の公開買付けに関するお知らせ 」がリリースされています。親会社の8267イオンから発行済み株式総数に対する割合4.98%を買い取るようです。イオンディライトはROE改善と株主還元が可能で、イオンは100億円のキャッシュが入ります。何せイオンの関係会社で共同保有している割合は55.97%で、自社株買いした後でも過半数をイオングループで保有している事になります。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7781平山HD 自己株式取得状況

 主力の7781平山HDより「自己株式取得状況に関するお知らせ」がリリースされています。
 11月19日~30日までの間に3800株・10,106,300円分取得したようです(一株当たり2660円)。今月の21日までなので、何とか上限が30,000株まで購入して欲しいところです。10月17日にリリースされた「株主還元方針の変更に関するお知らせ」に記載されている総還元性向50%に向けて、着実に進めているようです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

9795ステップ 自己株式の取得状況

 9795ステップから「自己株式の取得状況に関するお知らせ(会社法第 165 条第 2 項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) 」がリリースされています。
 取得上限12万株に対し、既に111,800株買い付けています。取得期間が来年の1月末なので、余程株価が上昇しない限りは目一杯買うことでしょう。あと8200株ですから(笑)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7818トランザクション 自己株式の取得状況

 7818トランザクションより「自己株式の取得状況(途中経過)に関するお知らせ(会社法第 459 条第1項の規定による定款の定めに基づく自己株式の取得) 」がリリースされています。
 上限20万株のうち、11月だけで97200株買い付けています。取得期間は十分に余裕があり、株価も軟調ですので(泣)、上限いっぱいまで買付けるのではないかと思います。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2018年11月のパフォーマンスとポートフォリオ

 月次+3.25%・前年末比マイナス5.77%となりました(配当・税金込、売却後の税金を考慮)。
 年内の受取配当金の累計は、前年同月比15.08%増となりました。
 アセットアロケーション(%)とポートフォリオは以下の通りです。

【日本株式】 94.69←94.07(先月末)
≪主力≫全国保証、シーティーエス、情報企画、平山HD、ベネフィットワン、日本エスエイチエル
≪準主力≫イオンディライト、ステップ、ワッツ、センチュリー21、CDS、ヒト・コミュニケーションズ、アイ・ケイ・ケイ、朝日ネット、シイ・エム・シイ、創通、オリックス、グリーンクロス、トランザクション、TOKAIホールディングス、SMS、ゲンキードラッグ、セブン銀行、ブロードリーフ、伊藤園第1種優先株式、FPG、日本商業開発、コーア商事HD
合計60銘柄以上(優待目的含む)
※主力・準主力は保有銘柄の時価が一定ライン(=金額ですが非公開です)を超えたものです。
【外国株式】 3.33←2.55(先月末)
 MSI MO BTI 他 合計13銘柄
【現金等・外貨含む】 1.98←3.38(先月末)

今月の売買
 新規買い:BTIブリティッシュアメリカンタバコ、PMフィリップモリス
 買い増し:9273コーア商事HD、3276日本管理、MOアルトリア、9285東京エネルギー、9281タカラレーベンインフラ
 売り切り:なし
 一部売却:なし
 
 下落していた米国のたばこ株、インフラファンド、いくつかの銘柄を新規買い・買い増ししましたので、キャッシュ比率が下がりました。今年もあと一ヶ月ですが、来年の受取配当を考えると嬉しくて、株価下落など全く気になりません……勿論そんなわけないです(涙)。現在のところ、年末までの受取配当金は前年比約12%増となる見込みです。

2018.12.1 準主力銘柄、米国株銘柄を訂正しました。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

損出しクロス

 年末が近づき、今年も「損出しクロス」の時期がやってきました。

 説明不要な方も多いかもしれませんが、「損出しクロス」とは含み損になっている保有銘柄を一旦売却して同じ株価で買い戻し損失を確定させ、その年の確定利益と相殺して税金の還付を狙うテクニックです。具体例を出すと、300万円で買った株が現在200万円の時価だったとします。この株を200万円で一度売ってもう一度200万円で買い戻すと、100万円の損が確定します。この時点で、既に私が今年100万円以上の利益又は配当を得ている場合は、税金が100万円の20.315%、つまり約20万円戻ってくるのです。特定口座内の売買ですと直ぐに計算され、受け渡し日に現金として還付されます(※注)。ポートフォリオの内容を替えずに、税金だけ戻ってくるわけです。
 さて、この話を聞いて疑問に思われる方もいるかもしれません。例えば、「もし、その株が数年後に500万円になったら?」と考えてみましょう。

損出しクロスをせず、500万円になって売却した場合
→(500万-300万)×税率20.315%=約40万円の課税=160万円の儲け

200万円で損出しクロスを一度して、500万円になって売却した場合。
→損出しクロス時 (200万-300万)×税率20.315%=約20万円の還付
→500万円で売却 (500万-200万円)×税率20.315%=約60万の課税
→合計、約40万円の課税=160万円の儲け

 損出しクロスをした銘柄が値上がりした時に売ると、結局は損出しをしなかった場合と税負担は変わらず、どちらも売買益は約160万円となります。むしろ損出しクロスをした方が、売買が2回多い分手数料が余分にかかります。
 しかし、損出しクロスをした時に約20万円の還付が発生するので、これを同じ株の買い増しに使ったとします。そうすると、売却時には先ほどの例と比べて株数が増えてますので550万円で売ることができます。

300万で株を買い、200万円で損出しクロスを一度する。
→損出しクロス時 (200万-300万)×税率20.315%=約20万円の還付
その20万円でさらに同じ株をを買い増しすると、保有株は220万円分になる。
→550万円で売却 (550万-220万円)×税率20.315%=約66万の課税

 そうすると、最初に300万円で買った株を最終的に550万円で売ることができ、約66万円課税されたことになるので、約184万円の儲けとなります。この差24万円は、損出しクロスで得た還付金を運用した結果です。つまり、税を先延ばしすることで、その分を運用に回すことができ、長期的にはパフォーマンスを向上させることができるのです。別に同じ銘柄を買う必要はありませんし、また保有した銘柄を売らなければ税金をいくらでも先延ばしすることができます。
 もちろん、「損出しクロス」で得た税金を、先延ばしした分だけ上手く運用できることが前提ですが(汗)。そもそも銘柄選びを間違えた場合は「損切り」の方が優先です。これが私は中々できないんですけどね……。

※注:配当の場合や、一般口座の場合は違うので、各自お調べ下さい。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2487CDG 優待

 2487CDGより優待のボックスティッシュが届きました。
20181129-1.JPG
 ここは2014年(平成26年)に外注先が火事になってしまい、優待が遅れるということがありました。それ以降は気を使ってか赤系統の派手な色のボックスがなかったのですが、ついにピンクのボックスが復活しました!しかし、送付をあわてちゃったのかサービスかわかりませんが、案内が封筒ごと3枚も入っていました。なお、ティッシュの後方に見えるのはいつも通り株を買わずに毎回後悔している無印良品の冷蔵庫です。
20181129-2.JPG

 こちらは2017年の分です。ティッシュの裏に今までなかった経営理念「そこに"おどろき″をプラス!」が掲載されており、この件が優待の送付と一緒に送られてきた会社からのお知らせにもしっかり記載されていました。それだけこの経営理念に想いがこもっているようです。

20171204 CDG優待1

20171204 CDG優待2

 こちらは2016年の分です。
20161212_CDG優待.JPG

 こちらは2015年。
20151216 CDG優待

 こちらは2014年。
20141214cdg

 こちらは2013年。どうやら、昨年の写真をそのまま使っているようでした。投資ではこういう手抜きをせず、しっかりと取り組みたいものです(汗)。
20131201 CDG

 何のことはない、チョイチョイ引越しているので私が懐かしんでいるだけです。実は、2013&2014、2015、2016&2017、2018の4か所、全部場所が違うんですよ(笑)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

9795ステップ 元社員の過重労働による労災認定

 9795ステップから「当社に関する一部報道について」がリリースされています。9795ステップは2012年2月に初めて購入し、買い増しを続けながら6年を超えて保有しており、準主力としてそれなりにウェイトもかけていたのでコンプライアンス上の問題が出てしまったのは残念です。

-----(引用)-----
国内社会ニュース(共同通信)2018年11月27日
塾講師が過重労働で労災、神奈川
 神奈川県内で学習塾を運営する「ステップ」(同県藤沢市)の講師だった男性(41)が適応障害となったのは、1カ月を超える連続勤務など過重労働が原因として、小田原労働基準監督署が労災と認定していたことが27日、分かった。男性や弁護士が東京都内で記者会見して明らかにした。最長48日間の連続勤務があったと話している。
 ステップの担当者は「労災認定の詳細な事実関係を確認しておらず、コメントは差し控える」と話した。
【共同通信】
-----(引用終わり)-----

 過日に9795ステップからリリースされた決算短信の「(4)今後の見通し⑤」に「より働きやすい、合理性の高い働き方への対応を進めていきます」と記載されていたり、決算説明会資料などに記載されていた「2019/9月期・2020/9月期を『将来の発展のための基盤づくりに集中的に取り組んでいく時期』と位置付けました。この2年間は利益目標を定めずに将来に向けた態勢づくりに全力をあげます。」とあったのはこのことを発端としたのかも知れません。
 このブログを書いている本日の8時過ぎの板は一見落ち着いていますが、今後日数を経て株価に投資家の不信が織り込まれていく可能性はありますので、一度売るのも手だと思います。私はこのニュースで突然講師や生徒が一斉にやめたりすることはないと思うのでホールドします。今後2年間に様々な施策を実施して、生徒数も合格率も業績も現在以上に躍進することを祈りつつ……(汗)。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

2412ベネフィット・ワン 東証一部へ

 2412ベネフィット・ワンから「東京証券取引所市場第一部指定承認に関するお知らせ」が11月21日にリリースされています。今期は業績も好調ですし、東証一部上場記念配当の期待も持てそうです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR