9795ステップ 決算説明会資料

 9795ステップから「2017年9月期 第2四半期決算説明会資料」がリリースされています。
 資料中のこの21年間の表を見る限り、私の野暮な分析は不要な感じです。

20170517 step.gif

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

8591オリックス 4Q

 8591オリックスから「平成29年3月期  決算短信〔米国基準〕(連結)」ほか関係資料がリリースされています。

 毎度書いていますが、事業領域も売上も規模が大きすぎて把握しきれないので、信じてホールドするしかありません。コメントもしませんし、質問にも答えられません。今期配当予想を達成したので、14年で約20倍となりました。業種が業種なだけに浮き沈みはあると思いますが、是非頑張って欲しいなと思います。

【8591オリックス:配当金推移】
※カッコ内は分割考慮前
2003(H15)/3 2.50(25.00)
2004(H16)/3 2.50(25.00)
2005(H17)/3 4.00(40.00)
2006(H18)/3 9.00(90.00)
2007(H19)/3 13.00(130.00)
2008(H20)/3 26.00(260.00)
2009(H21)/3 7.00(70.00)
2010(H22)/3 7.50(75.00)
2011(H23)/3 8.00(80.00)
2012(H24)/3 9.00(90.00)
2013(H25)/3 13.00 (130.00)
---2013/4 1:10分割
2014(H26)/3 23.00
2015(H27)/3 36.00
2016(H28)/3 45.75
2017(H29)/3 51.00予→52.25
2018(H30)/3 27.00中間予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

7458第一興商 4Q

 7458第一興商から「平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「配当予想の修正に関するお知らせについて」がリリースされています。
 100株の保有で「ビッグエコー」店舗、「楽蔵」、「ウメ子の家」・「びすとろ家」等飲食店で使える優待券(1枚 500円相当)が半年ごとに5000円分もらえるという理由だけで保有していますが、1054円で購入してホールド中なので、配当&優待の利回りはとんでもないことになっています。

【7458第一興商:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前
1997(H8)/3 5.10(25.50)
---1997(H8)/5 1:1.25分割
1998(H9)/3 8.375(33.50)
1999(H10)/3 8.75(35.00)
2000(H11)/3 8.75(35.00)
2000(H12)/3 8.75(35.00)
2001(H13)/3 8.75(35.00)
2002(H14)/3 9.00(36.00)
2003(H15)/3 9.50(38.00)
2004(H16)/3 9.50(38.00)
---2004(H16)/5 1:2分割
2005(H17)/3 20.00(40.00)
2006(H18)/3 15.00(30.00)
---2006(H18)/7 1:2分割
2007(H19)/3 20.00
2008(H20)/3 25.00
2009(H21)/3 45.00
2010(H22)/3 50.00
2011(H23)/3 55.00
2012(H24)/3 55.00
2013(H25)/3 60.00
2014(H26)/3 65.00
2015(H27)/3 100.00
2016(H28)/3 108.00
2017(H29)/3 109.00
2018(H30)/3 110.00予

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

資産額の公開について

 私は2004年に本格的に株式投資を始め、資産の時価評価額が億を超えたのが2013年の5月でした。2012年末に上場した全国保証を上場日の始値でガッツリと買い、その後比較的短期間で上昇し、且つ他の保有銘柄もそこそこに上昇したのが効きました。しかし、そこが天井で、年末になるまで億を回復することはありませんでした。
 2014年末には、時価評価から入金額を引いた金額が億を超え、配当金収入も税引き後で200万円とそこそこになりました。
 その後自分のポートフォリオの評価額は、売却した途端に課税されてあっという間に減ることに気がつきました。そこで、2015年から毎月一定の割合(25分の1ずつ)で税金を計上し、2017年頭には時価の計算基礎が既に売却時の課税を考慮した数値になりました。そして配当金も質素に生活すれば何とかなるくらいの金額になりました。この時、自分の資産がそれなりの金額になっている事を心の底から実感したのです。

 さて、公表しようか悩みました。ブログをやっているくらいですから、自己顕示欲があることは間違いないのです。しかし、自分の資産額を公開することによって、その後の自分の売買に影響がでるのではないかという危惧もありました。
 結局、ザイオンラインさんの取材を通じ公表することにしました。公表したからと言って、別に自分の投資スタンスを変える必要はなく、間違えたら直しても良いのです。そして、「投資の才能がさほどなくても、配当と言うファクターに注目した投資でそれなりに資産を築くことができる可能性があること」を、自分の成果によってアピールし、誰かの役に立てたらという欲求が勝ちました。

 そして、取材から2ヶ月経って見て……何も変わっていません(笑)。
 良好な市場環境のお陰で当時より多少資産の時価評価は増えましたが、といって爆発的に増えたわけでもなく、相変わらず恥ずかしげもなく優秀な投資家さんが何か良い銘柄を探していないかとブログ巡回しています。実際、主力~準主力の9割以上がパクリです。

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

8410セブン銀行 4Q

 銀行とは名ばかりのATM管理会社8410セブン銀行より「平成29年3月期 決算短信〔日本基準〕(連結)」「平成29年3月期決 算 補 足 資 料」「平成29年3月期決算説明資料」「中期経営計画の策定について」「当社取締役に対する業績連動型株式報酬制度の導入に関するお知らせ 」「当社執行役員に対する業績連動型株式報酬制度の導入に関するお知らせ」がリリースされています。

 セブン銀行は2008年8月に購入しているので、来年で保有10年になります。当初ATM事業はライバルはないに等しいと考えていたのに、まさかイーネットその他がここまで追い上げ苦戦するとは思いませんでした。着実に稼げる事業とはいえ、競争激化もありもはや成長エンジンではなくなっています。
 海外送金サービスをはじめとして、個人向けの口座数や預金額・個人向けローン・海外送金サービスや売上金入金サービスなど、相変わらずATM事業以外が着実に成長しています。ゆっくりですが増配しており、北米とインドネシア及び国内の子会社が黒字化すれば、成長速度は加速しそうですので、引続きホールドです。 

項目/経常収益/経常利益/四半期純利益/
1Q実/30427/9415/6396/
2Q予/61600/19300/13100/
2Q修////
2Q実/61202/19100/12989/
3Q実/92354/28923/19697/
前期比/1.50%/0.0%/2.2%/
4Q予/123100/37600/25600/
4Q修/122300/37200/25300/
4Q実/121608/36710/25114/
前期比/1.3%/-1.2%/1.6%/

【8410セブン銀行:配当金の推移】
※カッコ内は分割考慮前
2006(H18)/3 0.00(0)
2007(H19)/3 5.00(5000)
2008(H20)/3 予4.10(4100)→4.20(4200)
2009(H21)/3 予4.20(4900)→4.90(4900)
2010(H22)/3 5.20(5200)
2011(H23)/3 5.20(5200)
-----2011(H23)/12 1:1000分割
2012(H24)/3 予5.20(5200)→6.20(中間2600期末3.6)
2013(H25)/3 予6.50→6.75
2014(H26)/3 予7.00→7.50
2015(H27)/3 予7.50→8.00
2016(H28)/3 予8.00→8.50
2017(H29)/3 予8.50→9.00
2018(H30)/3 予9.50→?

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR