FC2ブログ

GMOグループの権利取り日は25日

 現在私はGMOクリック証券をメイン口座にしています。業界最安をSBI証券と争っており、どちらも今回の手数料改正でネットトレード投資家にとっては非常に有難いことになっています。2012年12月にサービスを終了するシェアーズのサービスを引続き無料で利用できるのも大きいです。残念ながらGMOクリック証券は外国株式や投資信託には対応していなので、そちらはSBI証券を利用しています。なお、SBI証券で米国株を買う時には、住信SBIネット銀行でドル換金してSBI証券に移動すると、スプレッドが小さくて有利ですね。

20121122手数料比較

 そしてGMOインターネットの優待GMOクラウドの優待GMOアドパートナーズの優待を使うと年間で最大3万円の手数料がキャッシュバックされます。3銘柄の最低単元を購入すると合計19万円、年間配当金が合計4600円(配当利回り2.4%)に加えて3万円分の手数料のキャッシュバックになるので、配当優待利回りは約16%になります。
 GMOクリック証券は2011年度の株式売買代金シェアが業界3位でした。何としても1位のSBI・2位の楽天に追いつき追い越したいところだと思いますので、この優待は最低でも4~5年は続くのではないかと思います。
 相場は明日にはどうなるか分かりませんが、売買手数料を節約することはすぐにでもできますので、私はこの3銘柄をポートフォリオの片隅に佇ませてGMOクリック証券の口座を開設しました。今回はGMOインターネットの優待が拡充されることもあり、25日の初めての権利取りが非常に楽しみです。

※今回の日記には、本文中にアフェリエイトへのリンクが含まれています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR