FC2ブログ

配当から考える株式投資の優位性【4回目】

 例えば、9787イオンディライトの配当金の推移を見てみます。2004年度から7年で5倍になっています(2012年3月期予想ベース)。

年度/一株配当
2004 8.0
2005 9.0
2006 15.0
2007 17.0
2008 22.0
2009 27.0
2010 39.0
2011 40.0(予想)

 私は年率20%の配当金の増加(=8年で約4倍)を目指しています。9787イオンディライトのような銘柄を購入し、保有し続ければ十分に達成できます。また、その間に資金を追加したり、過度に市場評価された場合売却し銘柄を入れ替えすることで、その増加ペースを加速することもできるのです。
 永続的な成長株を選別し購入することができれば理想的なのですが、いかんせん個人投資家の分析レベルでは難しいというのが正直な感想です。ある程度の財務とビジネスモデルの分析分析と割安度の判断で買い、間違えるか成長鈍化したら切るしかないと考えています(実はこの「切る」が私の最重要課題なのですが……)。

 年率20%の配当金の増加を達成できれば、20年後には投資開始時の30倍を超えます。

 なにより増配できるということは、事業がフリーキャッシュをしっかり生み出していなくてはならないので、必然的にそういう銘柄を探すことになります。増配のベースである売上・利益の増加をできる会社をそこそこの値段で買うことができれば、長期的には資産の増加も図れるでしょう。これがタイトルの「日々の株価と四半期開示に一喜一憂しながら長期に配当収入増加と資産形成を目論む」というわけです。
 

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR