FC2ブログ

2678アスクルの増資に思う

 2678アスクルが大幅増資とのことで、希薄化懸念から株価が大幅に暴落しています。
 うーん、どうせなら何故リキャップCBを検討しなかったんでしょうね。今回のケースだとリキャップCBの方がマーケットインパクトは小さくて済んだような気がします。

 リキャップCBとは、ゼロクーポンで転換価格を高めに設定したCBを発行し、調達した資金の一部(あるいは全部)で自社株買いをするスキームで、資本効率を高める効果があります。今回のケースでは発行額の330億円がまるまる投資に向かう計画ですから、筆頭株主のプラスを若干上回る120億円を新株発行し、残り210億円を私募のリキャップCBで調達(250億円発行、40億円で自社株買いとか)にすれば、希薄化も30%程度(それでも多いですが)で済んだはずです。
 この認識が正しいかはわかりませんが、リキャップCBは現在の安い株価で自社株買いし、将来高い株価で転換する差額を資本市場から吸い上げるというイメージがあり、私はあまり良いスキームとは思っていません。ただ、今回のケースでは少なくともいきなり70%以上の希薄化を伴うエクイティファイナンスよりは有効かなと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR