探すことと待つこと

 日本人はおカネに関して言及することはよろしくないという道徳観があり、中学・高校時代に「ファンドマネジャーかフィナンシャルプランナーになりたい」といっていた自分は両親にも学校の先生にもいい顔されませんでした。私は「儲けたい!」という気持ちと同時に「おカネがすべてではないが、おカネで多くの不幸は避けることができる」という道徳観にモチベーションを支えられています。
 私は優待でもらったものを半分以上実家に帰省するときにお土産として持ち帰ります。そして自分が投資をしていること、どんな会社の株式をどんな考えで購入し、成功例や失敗談も「また株の話か(笑)」という苦笑を受けながら毎回話します。流石に7年も続けると、少しは耳を傾けてくれます。配当の話に言及すると、真剣に聞いてくれます。

 勤め人が通常の水準より豊かな生活をしようと思ったら、やはり近道は「自分に合った方法で落ちているおカネを拾う」ことではないでしょうか。それはネット(アフェリ、オークションetc)、不動産、為替、株式投資、その他ストレスなく仕事に差し支えのない方法で実施できればいいと思っています。自分にとってはたまたまそれが株式投資であり、ファンダメンタルに賭ける投資方法でした。

 といいながら、自分は奪い合うのは得意じゃないです。でも、幸い株式投資は投資先の企業が稼いでくれます。株主に真っすぐ向いた成長企業を探して投資すれば、その成果が時を経て自分の財産に跳ね返ってきます。自分がやることは探すことと待つことの2つだけ。でもそれが一番難しいですね。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR