FC2ブログ

何が自分に向くか……出口戦略の話

 いくつかのブログで出口戦略について書かれていたので、私もひとつのってみたいと思います。

 私は長生きして仕事も細々と続けるつもりでいます。そのための人脈づくりや技術の習得を今もしていますし、それは生きて健康でいる限り可能であると確信しています。労働による収入が(額が減っても)途絶えることを前提にしていないので、投資は一生続けると思います。相続とか現金化とかは特に考えず、むしろ今はそういう事に神経を使うより投資の勉強をして少しでも収益を得る能力を身につけたいと思っています。
 でも、これは一つの考えにすぎませんし、正解とも思っていません。こんなことを言っておきながら、50過ぎたらぼちぼち現金化して60以降は全ての資産を定期預金にしているかもしれませんし、収益性の不動産をもっているかもしれません。
 確かに年をとればなれば体も自由に動かなくなったり、新たな事に挑戦したり覚えたりは難しいでしょう。また、病気やけがのリスクは若年・中年の頃とは比べ物にならないほど高くなります。しかし、私がもっともリスクに感じているのは「老けこむこと」だと思っています。そのためには自分が夢中になれる趣味をもったり、資産運用に頭をしっかり働かせたりすることで回避できると考えています。

 現金化することで安心できるという考え方の人は、株価が高く評価されるうちに逃げなくてはいけないので、これはこれで勉強が必要です。また、年を重ねるごとに安全な資産クラスの資金のウェイトを増やしていくのも一考の余地ありですよね。この考えをチキンだと非難する人はよほど実力があるか自信過剰だと思いますね。
 ちなみに私は単純に、孫やひ孫ができる年齢になっても、「また今年もワッツは増配かよ、たまらんねぇ~」「エスクリが今年も一店舗たたむのかよ、時代は変わったなぁ」「う、プロトコーポを手放したとたんに中古自家用機情報誌グーエア出しやがって、ストップ高……(泣)」なんて言っていたいので投資をつづけます。利益を生み出す資産を持つことが一番安心できますので。

 人それぞれ安心できるスタンスは違うので、これは議論することではなく、自分向きの戦略を見つけて実行すればいいことだと思うのですが。

 何より、出口の前に間違った入口を開かないことの方が重要な気が……うーん、間違った入口にいくつか身に覚えが(泣)。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR