FC2ブログ

【7回目】配当から考える株式投資の優位性

「立川君、先日伊藤園から配当が振り込まれたよ。しかし株の配当金は利回りがいいね!預金にしておくのがばかばかしいね」
「先輩、株は半値にも3分の1にも、下手するとそれ以下にもなるかもしれないのを忘れないで下さいよ~」
「わかってる、わかってる(笑)。しかし、これから他の銘柄の配当も来るわけだね。楽しみだなぁ」
「ところで先輩の株ってxxxとかyyyとか、zzzですよね?合計すると配当が年間3万円くらいになりますよ」
「ほう、そうかい!そいつはますます楽しみだ!しかも、毎年もらえるんだろ?」
「その毎年もらえる配当をですね、年率20%増やせるような投資をするんですよ。元本を増やすとか、増配する銘柄に投資するとか」
「そうするとどうなるんだい?」
「こうなるんですよ」
20110117配当増加

「え、20年後には100万円を超えるのかい?」
「そうですよ。単純に元金を20%増やせば配当は20%増になるのは想像がつきますよね」
「そうだな。しかし、金額が多くなると20%が大きくなってとても無理だよ」
「その通りです。そこで、成長企業に投資するんです。利益を増やしていく会社は配当も増えるんですよ。例えば、先輩の保有する銘柄が12%配当を増加させてくれれば、あと8%元金を足してあげれば配当は20%増えるんですよ」
「うーん、わかったような、だまされているような」
「ただし、中には成長がとまったり、マイナスになってしまったり、最悪赤字になる上場企業もありますからね」
「なるほど~、世の中に上手い話はないんだな」


※この会話はフィクションです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR