FC2ブログ

8706極東証券

 昼間取り上げた極東証券ですが、他社とPER及び収益内訳の比較をしてみました。ほとんどの会社がPBR>1ですので、資産面での割安性は勘案しないことにします。前年度実績を元にすると、PER20倍未満は5社しかなく、AKIさんの指摘通り同業他社と比較して割安です。
 もちろん高PERに評価されている会社はそれなりの理由があり、特にイートレード証券をはじめとするネット証券はネット証券取引人口の増加により口座数・預かり資産残高・手数料収入はうなぎ上りです。それに引き換え極東証券は対面販売に特化しており、口座数は法人個人の合計で2002年9月32500→2005年9月36000と僅かにしか増えていません(注:グラフからの読み取りなので多少誤差があるかもしれません)。しかも、トレーディング損益の占める割合が43%と光世証券についで2位。松井証券の社長が『中小証券の中にはトレーディング損益が収益に占める割合が半分近くになるようなところがあるようだが、そういうところは証券会社の看板を下ろしたほうが良い』などと言ったそうですね(笑)。それに対し、極東証券の社長も負けずに『自己資本規制比率の高さを自慢するような会社があるようだが、要するに客にはリスクを取らせて自分はリスクをとらないと言っているようなものだ』と対抗しています。
 社長同士のイヤミの言い合いはさておき、この口座数の増加の少ない理由はネット取引に参入していないこともありますが、会社の方針で休眠口座を作らないという理由が大きいようです。口座数が増加すれば当然システム負担も増加します。当然それにかかる設備投資や費用もバカにならないわけで、無駄な費用負担を生み出す休眠口座を解約させているそうです。その結果、口座は僅かしか増えていないのにもかかわらず、なんと預かり資産はこの間ほぼ倍に増えているのです。
 また、割安な市場評価の理由としてトレーディング損益の占める割合が高いので市況に左右されやすい収益構造と認識されているのかもしれません。しかし、このトレーディング収益の約半分は債券の仕入れ/販売のスプレッドであり、債券販売を安定的に伸ばしている極東証券にとってむしろ安定収益源といえます。加えて、債券販売というのは株式市況が軟調な時にはむしろ伸びるわけで、逆に受入手数料のほうが市況に左右されやすいともいえます。比較表の右に*がついている会社は2003年に損失を出している会社です。トレーディング収益がほとんどない東京東海証券でさえ赤字です。ほとんどの証券会社が赤字を出している中、極東証券は僅かながら黒字でした。
 同業他社の中でも安定した収益基盤に加え、AKIさんのブログで詳しく解説されていますが同業他社にはない不動産証券化ビジネスに取り組んでいます。こちらの利益は急進しているばかりでなく、子会社であるFEインベストを設立し、今まで外部に流出していたキャッシュの流入を狙っているようです。
 同業他社比較で安定した収益基盤、不動産証券化ビジネスの急拡大による利益の増大期待、なんといっても同業他社比較で低PER(やっぱりこれですが)なので、ここしばらくのトレンドで見ますと少々株価的に高くはなってしまっていますが、少々ポートフォリオに組み入れてみました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR