FC2ブログ

振り返る

 個人投資家は(自分で企業するなど特別な場合を除くと)企業に投資する手段が株式市場で株券を購入するしかありません。しかも、その価格が毎日のように更新されその企業の業績と関係ない材料や要因によって動き、ご丁寧にネット証券会社の画面で自分の資産の市場評価額がどれだけ動いたかを把握できてしまうのですから、『株価を気にしないで長期保有』というのがどれだけ難しいかは今更私が言うところではありません。
 実際私も急騰すれば『儲け損ねる』ことを恐れて小さな利益で売ってしまい、その後の大きな利益を逃したことなど何度もありますし、今年一年の売買を振り返っても無駄なことを沢山しています。しかも、白状してしまいますがその無駄な売買は珍しくザラ場を見たばっかりにしてしまった売買だったことも多いですね。
 多くのベテラン個人投資家さんが短視眼的になることへの警告を発しているのは、発している方々も自分自身にその可能性を感じているからだと思います。最近優待バリュー投資を見直した理由の一つには、優待目当てで持ち続けることは当然長期の投資スタンスになり、短視眼的になりにくくなる(→結果として負けにくくなるとmikimaruさんは指摘しています)と思うからです。

 そんな私でも今年は毎月の資金追加とそこそこのパフォーマンスのお陰でバリュー投資を始めて一年半で当初金額の6倍になっていました。当然増加分のほとんどが資金追加の賜物ですが、『(1)資金追加(2)利回り(3)運用期間』のそれぞれを少しずつ伸ばし、投資を地味に長く続けていきたいです。
 
 先日2746アインメディカルシステムズに電話し、「(1)4Qは大きな支出を伴う出店や移転はない予定(2)長期処方が浸透し年末年始の駆け込み需要も少なくなり通年の売上の波は徐々に平準化している」などを確認しました。目先だけを見ても3Qまでの進捗はいいですし、長期的に見ても薬価改定は逆に追い風になっていくのではと想像しています(Yasuakiさんのブログを参考にさせていただきました。ありがとうございます)。

 少し話がそれますが、石坂さんのサイトの日記で、ミスターマーケットのことを『市場くん』と訳していたのはちょっと笑いました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR