FC2ブログ

株式投資を奨める難しさ

 昨日は私がバリュー投資を始めるきっかけを作ってくれた職場の後輩Y君の他に何人かと呑んだのですが、大多数の意見としてはやっぱり株式投資は「ギャンブル」なイメージを持たれていますね。もちろん私自身は株式投資をギャンブルとは思っていないのですが、物凄く穿った見方をすればマーケットとは他人からお金を合法的に奪う場所とも言えるので、そういう見方をされても仕方ない側面もあるかもしれません。ただ、企業は基本的利益を出すための行動をし、それは最終的には配当+資産価値の増加と言う形で株主に帰属し、利益を生み出す能力と成長力は株価の値上がりという形で享受できるわけですから、長期的にはプラスサムだと思っています。
 私は株式投資を人に奨めません。株式投資は自分から初めて、何らかの失敗をしながら自分の投資スタイル行き着かないと身につかないと思っているからです。もちろんサラリーマンが堅実に資産を形成するには株式投資が最適な手段だと思います。しかし、多くの人が指摘しているように大切なのは元手を作ること、自分で調べること、多少のことにビクつかないことだと思うので、こればかりは自分で身につけるより他にないと思います。

 宝島5月号の59ページのコラムに先日の取材記事が小さく掲載されています。目次にページも書かれていない上に、あまりに小さく探すのに苦労しました(笑)。なお、63ページに紹介した銘柄が掲載されていますが、明らかな間違いがありますのでこの場で訂正します。

(誤)P62題目 「迷走相場で“絶対負けない”」

 そんなことはありません。(正)高いところで買い、安いところで売れば確実に負けます。(他の方の銘柄は絶対に負けないのかもしれませんが……)59ページの上段にレフティさんが「我慢して……」と記載しているように、私は決算の翌営業日に何故か大量の投げが出ているところで一気に買い増しました。寄り付き前まではストップ安まで売り込まれていたので、そこで買えたらもっと良かったのですが無理でしたね。
 IRに電話した時はワンセグ関連のお陰でウハウハ感が伝わってきましたので、受注はそこそこのようですが、4月末に発表予定の1Qは果たして如何でしょうか?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR