FC2ブログ

極東証券

 今日も明日も出勤。はー、これで何日連続出勤か分からなくなりました。
 確かに私は自分の趣味を仕事にし、しかも技術を維持向上し続けなくてはならない仕事に手を染めたのでしかたないのですが、さすがに少々堪えます(苦笑)。しかも、休出しても給料大して変わらないし(泣)。おまけに今月から来月にかけて出費がかさみ、投資を始めて初の追加金額ゼロになりそうです(さわかみ投信は自動引き落としですから全くのゼロではないですが)。

 持ち株の極東証券について少し。

 第3四半期の純営業収益8624百万円のうち債券トレーディング損益2303百万円とありますが、そのうち1787百万円が個人と法人に対する債券販売によるスプレッド(仕入れと販売の差額)であり、1141百万円が不動産証券化関連収益です。
 もちろん証券会社ですから、売買手数料や自己売買部門は市況に大きく左右されますが、株式市場が活況な時は債券の販売が減って手数料収入や自己売買益が増加し、逆の場合は債券の販売が増加するという証券会社の中でも安定した収益構造(四半期毎の収益は綺麗に右肩上がり)を持っており、さらに売上高が急進中の不動産証券化ビジネスを内包しています。PER20倍配当利回り2%の利益の安定した証券会社と急進中の不動産流動化銘柄を7:1で持っている感覚です。年率50%とか100%とかの急成長は考えにくいですし、他の証券会社のように株式市況が活発な時に手数料収入やトレーディング損益が爆発的に増加するということもなさそうですが、長期的に安定成長しながら市場評価が見直されると考えています。
 不動産証券化は過去何年かのノウハウの蓄積がようやく花開いた感じですし、今後は証券会社であることのメリット享受や投資子会社による収益拡大が期待できそうです。
 株式投資をしているとなかなか気が付きませんが、世の中の大半の人は保守的な資産運用を望んでいると思うので、そこにターゲットを絞って債券販売に注力するのは営業戦略としてもグッドだと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR