FC2ブログ

貴重な経験

 たった今(午後11時丁度)帰ってきました。仕事がどんどん多忙になり、休出どころでは済まなくなっています。しかし帰ってきて真っ先にすることといったらIRと株価のチェックですから、やっぱり自分は株式投資が好きなんだなあと実感します。
 私は正直言って日々の株価が気になる方です。そして日記ではほとんど書きませんが毎日のように一喜一憂しています。そして、多分比較的頑固な方だと思います。ちょいとパフォーマンスがよければいい気になり、逆になればあのときに売っておけばと考えてしまいます。もちろん今は毎日のように一月中旬を懐かしく思っています(笑)。
 でも、これが普通の感覚なんですよね。2003年の頃に株式投資に関わっていた人はこういった感覚をコントロールする術を身につけているのだと思います。そういう意味では、自称ひねくれものの人は当初からそういう感覚を身につけていることになり、株式投資向きなのだと思います。騰がり続けているときに慎重になり、下落相場でチャンスと思う、これが一番大事と分かっていても理屈と体は別物で、やっぱり騰がれば嬉しい下がればガッカリなわけです。
 私がよかったなと思うのは、2004年の後半に株式投資を初めて半年間含み損を抱え続けた時、「簡単に儲かるなら皆金持ちだ。きっとこういう苦しみをみんな乗り越えて財を築いてきたんだろうな」と考えたことです。世の中に簡単に儲かる話などないと「ミスター・マーケット氏」が教えてくれたのですから、一生の貴重な経験になると思っています。
 万一最初から儲かっていたら、自分の性格ならイケイケドンドンで今頃退場していたに違いありません(笑)。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR