FC2ブログ

久しぶりに投資関連書籍を注文

 KENさんと角山さんのサイトで企業価値評価の話題に触れていたので、少し勉強してみようと思い「ケースと図解で学ぶ企業価値評価」を発注しました。久しぶりに投資関連書籍を注文したのでワクワクしています。
 私は環境保護の観点から古書の利用は大いに推進すべきだと思うのですが、著作権の観点から言うと古書の販売はあまり良いことではないんですよね。古書が流通する段階で何らかの形で著者にリターンがあればよいと思うのですが、その仕組みを創るとなると膨大なコストがかかりそうです。正当な見返りがあるからこそ、著者も良書を世に出すべく努力するのだと思います。
 私はあるパソコンのソフトの技術的な内容について、何度か雑誌の記事を書いたことがあるのですが、原稿料は費やした時間と手間に比べると驚くほど安いです。もちろん、雑誌に掲載されると言うことは、自分のビジネスをもっている人にとっては無料で宣伝できるわけですから、掲載記事を自分の仕事とリンクさせればよいのですが、私はそれが上手くできなかったので安い自給でバイトしたようなものでした。それを考えると、本を出すと言うことはやがて古書になることも想定して、それが自分のビジネスに上手くリンクするように仕掛けることがポイントなのでしょうね。本が古書になって流通すると言うことは、少なくとも1冊の本の読者が2人になるわけですから。

 ところで、以前どりぽんふぁんどでよく書き込みをされていた4uさんがHNを木下洋介さんに改め上等ドットコム(投資のプロが貴方の為に高価な商材を自腹を切って情報の鑑定を行います)を開設されました。どんな内容になるのか大変楽しみです。投資リンク集の「投資銘柄を探す」のコーナーにいきなり2番目に当ブログが紹介されていたのはビックリしました。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR