FC2ブログ

8706極東証券:連結損益計算書の四半期推移

 極東証券の決算短信に記載されている連結損益計算書の四半期推移を前第1四半期から並べてみました。
 前期2Q・3Qと今期1Qは株式市況の影響でしょうか、受入手数料がやや落ち込んでいます。その分を営業部隊が債券の販売に力を入れてトレーディング損益(債券の仕入れ販売におけるスプレッドが大半を占める)が増加しています。このバランスが極東証券の安定した営業収益につながっているようです。逆に株式市況が活況の時には営業マンが株に追われて債券の販売が鈍るそうで(笑)。
 ただし、今期はトレーディング損益にかなり株式の売買益が上積みされていますので、この部分は安定した収益源と見ることはできませんが、それでもトレーディング損益1Q-3Q累計の37億円中23億円は債券で稼いでおり、大半はスプレッドです。
 この表にはありませんが、1Q-3Q累計が前年度比120%増のその他受入手数料がREIT関連で約7億あります。この部分が伸び続けることで株式取引による受入手数料の変動と株式トレーディング損益のブレをカバーしていくと思います。数年前から手がけているようですが、最近ようやく芽を出し、且つ今後の安定的な伸びがかなり期待できる分野でもあります。
 1Q-3Qの累計と会社予想数値から4Qを逆算すると、かなり堅めの数字である印象です。経常利益が順調に伸びていることと、当期3Qは約6億の損失(シンガポールの投資顧問会社への運用委託の引き揚げによる)を含めた数字なので、4Qもかなり期待できそうです。

(追加)
 確かにこの安定度で他の証券会社より低PER評価であるのは、菊池社長も悔しいでしょうね。IRフェアでの説明では残高がある口座は3万にも満たないようですが、預かり資産残高は着々と増加し、相変わらず新規客の5割以上が既存観客の紹介による口座開設によるものだそうです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR