FC2ブログ

8706極東証券:第3四半期決算発表

 今日は泊まりの仕事が朝に引けて家でゆっくり休んでいたら、昼に極東証券の決算の開示がありました。営業収益+36.9%、営業利益+77.6%、経常利益+93.7%、当期純利益+57.4%と好調な上に業績予想&期末配当予想の修正も発表しました。昨年後半の株式市況が活況でしたから株式のトレーディング収益が猛烈に増加するのは予想がつきますが、債券トレーディング損益(債券の仕入れ額と販売額のスプレッドが中心)も+10%としっかり伸ばしています。この部分は営業収益8,747百万円のうち2,303百万円を占め、証券市況に左右されにくいため極東証券の収益の屋台骨と考えられますので、この部分が着実に伸びているのは長期的な利益の安定成長を考えると非常に頼もしいものがあります。この上に前期比倍増ペースで伸びている不動産証券化の手数料等(その他の受入手数料に含まれています)が加算されるので言う事ありません。
 予想EPS=107円68銭となった上に今日は株価が軟調のため、PER20倍を切る水準で推移しており、配当利回りも2%近くありますので下値も知れていると思いますし、証券会社間比較でも十分割安感があります。
 とはいっても証券会社ですので証券市況の影響を直接受けることは間違いなく、利益が不安定な業種です。また、不動産流動化に関する融資規制などの影響も受ける可能性が十分あります。そのなかでも着実に伸ばしている債券トレーディング損益、急進中の不動産証券化関連業務の手数料や受け取り配当金は今後数年間の成長を下支えすると思いますので、市場評価も見直される余地はあるように思います。

 しかし昼の休場中とはいえ、日中の発表とは驚きました。問い合わせてみたところ、特に狙いがあったわけではなく一刻も早い情報開示ということだそうです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR