FC2ブログ

身近にライブドア株主

 職場の後輩でいつも軽口を叩く後輩がいるんですが、最近おとなしいんです。どうしたのかなぁと思っていたのですが、たった今思い出しました。彼はライブドア株主でした。しかも、確か集中投資……

 堀江社長は毎日のように話題を出していましたし、昨年末株式投資が注目され始めると、職場の人に「ライブドアどうですか?」とよく聞かれるようになり、その度に「よくわからないし私は買ってないよ」と言ってました。彼は別に私に相談することなく自分で口座を開き、風の噂でライブドアを買って騰がったなんていう話を聞いていたのですが、すっかり忘れていました。

 昨日あのようなことを日記に書いては見たものの、日々の株価の下落にさすがに心が揺れます。私もここまで精神的にきつい調整は初経験ですね。昨年の上昇オンリーの中で「明日も株価は騰がる」という気持ちが支配してしまっていたこと、そして自分の中の株式投資の領域が必要以上に大きくなっていたことを痛感しています。その中でやっていることは傍観です。ここで逃げると二度と戻れないと思い、ひたすら甘受しています。逃げる勇気もまた戻る勇気もないだけですが(笑)。

 今休憩中ですが、もうしばらくしたら今日は夜中まで仕事です。ITバブル崩壊、2003年の日経平均8000円割れ時の投資家のプレッシャーはこんなものではなかったと想像しながら、本業に戻ります。





(追加)思ったより仕事が早く片付きホッとしています。ライブドアショックの中、ブログを巡回して素敵だと思った日記の書き込みです。



とさきんぐさん 2006年1月17日の日記より

マーケットの神様は大粒の雨を午後一斉に降らせて来ました。
台風のあるマザーズ地方には台風なみの豪雨を、マザーズ地方の近くジャスダック地方にも強く降りしきる雨を、一番遠い東証地方にはそれなりの雨を降らせて過熱感を冷ませてくれました。
その影響で冷たくなりすぎた株がボツボツ出て来ました。
私はそれを少しだけ拾ってみました。私の家で春まで見守りたいと思います。


torityさん 2006年1月18日の日記より

今回の下げは、投資を初めて初の忍耐力を試される場面になるかもしれないです。
「いいぜ、兜町。今まで大勢の人たちを追い出してきただろうけど、俺をおいだすことはできないぜ。先に折れるのはそっちだ」
とでも思っときますか。


dsan200さん 2006年1月23日の日記のレスより

常に最悪な状況を見込んでの地味なPFですから、暴落を理由には売却はしません。


あ・うぃんさんの日記より 

「初めて、2日連続で100万円超のマイナスとなりましたが、平気です。こんなに下がるところまでポートフォリオが大きくなったかとあらためて喜びに浸っております。強がりではないですよ。」


早川さんの日記より

「生き残るとか、退場にならないようにとか言ってる人が多い。そもそも信用目一杯やってなきゃ退場なんてほとんどありえないでしょ。リスクとり過ぎなんじゃないですか?」


しんさんのブログより

「相場は悪いですけど前向きに考えればおいしい銘柄が安く買えるチャンスでもあるんです。
 バフェットが自分の投資組合を解散したあと出資者達に紹介したことでも知られるセコイアファンド。立ち上げた初期に二年連続でマイナスをくらいます。1年目マイナス24.0% 1年目マイナス15.7%。これは例えると2年で1億円が6400万円まで減ってしまったということになります。
 しかし結果的には14年間の成績を見ると市場平均の代表的指数といえるS&P500を500%ほど上回り優れたパフォーマンスを残しています。ようは投資家ってのは下落相場を耐えてなんぼのものだと思います。」

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR