FC2ブログ

周辺の様子

 職場の後輩S君が手数料節約のために大手証券からネット専業証券に変えるそうです。本人は投資資金は数十万程度なのですが、複利の効果をしっかり理解しており、「年○○%で6○歳までに1億円だ!」とやる気満々です。本人には元金の追加を強く奨めているのですが、子供がこの春入学&安月給の職場でなかなかままならないようで、且つ奥様の理解もまだという環境なのでしばらく増資が難しそうです。

 周囲に3人(そのうち一人はまだ始めていませんが)も投資仲間ができたのはとても嬉しいのですが、一番バリュー投資を奨めたいのは父なんですよね。なんだかんだと私が株式投資に関心を持ったのは父の影響大ですから。親孝行ファンドの出資元はは未だ母だけですし。しかし母はまるで株価に関心がないのには驚くばかりです。お金を預かってから一年半経ちますが、一度も株価を見ていないようです。
 まあ、バリュー投資は説得されてやるものでもないので、私が継続したリターンを出し続けていくことで関心を持ってくれればと思います。そして人間と言うのは、やはり儲けている姿をみて関心を持つものだと思いますので。

 私自身は、「株=ギャンブル」と思われても仕方ないと思うようになりました。最近分かったのは、一般的な感覚は「人は雇用されているのであり、事業を始める等資本化サイドに回ること自体がリスクを背負うこと=ギャンブル」という発想なのです。ということは、大多数の人から見れば事業の一部分を所有することはギャンブルの一部を所有することなんですよね。
 もちろん株式投資を事業の部分所有と考えずに手を出した結果お金を失っていく人が多いのがギャンブルだと思われる一番の原因だと思うのですが。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR