FC2ブログ

地球に優しい新サービス

 帰ってメールチェックをすると、愛用している新生銀行からメールが届いていました。


-----------------------(以下引用)-----------------------

地球に優しい新サービス、「電子お取引レポート」サービスが始まりました!
「電子お取引レポート」サービスとは、最新のお取引レポートが新生パワーダイレクト(新生銀行インターネットバンキング)内に掲示され、またそのことをEメールでお知らせするサービスです。

1. 郵送でお受け取りになるよりも、数日早くご確認いただけます。
2. お取引レポートを紛失したり、第三者に見られることが不安なお客さまの声に対応したサービスです。
3. 過去のお取引レポート*をいつでもご参照いただけます。

このEメールを受領されたお客さまは、特にお手続きいただかなくても、この新しいサービスに移行いただけます。
8月分のお取引レポートは郵送されますが、同時に、電子お取引レポートが掲示されたこともご確認いただけます。

また、10月以降は、前月分の電子お取引レポートが準備できますと、Eメールにてお知らせし、紙のお取引レポートは郵送されません。ただし、投信口座残高あるいは投信のお取引があった月のお取引レポートは、郵送でもお届けいたします。

今後も紙のお取引レポートの郵送をご希望の方は、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)か、9月11日(月)以降新生パワーコール(0120-456-007)にて、にお手続きいただけます。
なお、電子お取引レポートサービスご利用のお客さまへも1年に1回は紙のお取引レポートをお送りいたします。
紙資源の節約となり、地球に優しいサービスに、ぜひ、ご理解ご協力をお願いいたします。

----------------------(引用終わり)-----------------------


 イマイチわからないのが中央の下線部分です。

 確かに新生銀行は、預け入れ引き出し年中手数料無料のATMや、振り込み手数料月5回まで無料、高金利の円預金で個人観客を釣り、投信や外貨で手数料をがっぽり稼ぐビジネスモデルなのはわかりますし、あの手この手で経費節減に努めているのはわかります。しかし、「投信口座残高あるいは投信のお取引があった月のお取引レポートは、郵送でもお届け」というのは変な気がするのですが。凄く穿った見方をすれば、「普通預金しかしない“美味しくない客”には、紙のレポートなんか送ってらんね~」と言っている様に見えるのですが。

 貸し剥がしなど、悪評耐えなかった新生銀行ではありますが、キャッシュカード即日発行などに見られるように、旧慣習を破る銀行サービスの革命的な存在であったと思います。そういう意味では応援したい気持ちもありましたし、事実職場でも何人か自分のメインバンクを新生銀行に切り替え、皆満足しています。今回の件は、「地球に優しい」を連呼するだけでなく、同時に何らかのサービスの提供や改善を抱き合わせにすればもう少し印象良かったのではと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR