FC2ブログ

IR-7893プロネクサス P-WORKSの開発

 プロネクサスがP-WORKSの開発に関するお知らせをリリースしています。簡単に言うと各種会計システムからデータを取り込み、基準に適合した各種開示資料を効率的に作成するシステムのようですね。来年度以降の制度改正に向け、収益の柱になるに違いありません(←バイアスにご注意ください)。
 四半期開示の義務化は各企業にとって相当な負担だそうです。このシステムは上場企業にとってIRにかかる人的・時間的負担を大きく削減する可能性を秘めていると考えられます(←ホルダーは保有銘柄にとって都合の良い事だけ耳に入りやすいものです)。さらに一旦導入すれば、スイッチングコストの関係からもほぼ永続的に使い続けることは想像に難くありません(←もはや盲目に近いものがあります)。次年度以降のプロネクサスの収益は四半期の平準化も伴いつつ、株価と共に底堅いものになるでしょう(←完璧に妄想です)。

 ホルダーとしての私の妄想はともかくとして、迅速で正確・公正な情報開示は個人投資家が企業に最も要望するところだと思います。実際四半期開示は企業にとっても大きな負担なはずで、これが単なる企業のお荷物になってしまうのではなく、開示にいたるプロセスの見直しや経営の透明性の向上に寄与すれば、個人投資家にとっても有益なものになるのではないかと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR