FC2ブログ

7893プロネクサス

 今日はホテルから新住居を探すべく不動産屋へ向かい、物件をみてから信託銀行に行く予定だったのですが、残念ながら物件を見るのに時間がかかってしまい、みずほ信託銀行の前に到着したのが閉店時刻の3時ジャストでした(泣)。というわけで、配当の受け取りはまた明日に延期となりました。

 さて、現在のポートフォリオで一番組み入れ比率が大きいのがプロトコーポレーションで、次がプロネクサスとなっています。
 プロネクサスはご存知の通り有価証券印刷に代表される「IPO関連」と有価証券報告書・事業報告書・IR等の「ディスクロージャー」という、事実上宝印刷と2社独占状態の業務内容です。当然ながら「IPO関連」の売上はファイナンスの多少、言い換えれば株式市場の好調不調に左右されます。「独占」でありながら「景気循環」的な利益構造であると言えるでしょう。しかし、有価証券印刷が売上に占める比率は年々低下しており、今後はIRの英文対応や新制度対応などの収益機会が目の前にぶら下がっている上に、一度観客となった企業が宝印刷に変更するということはスイッチングコストの問題やクライアントの企業の秘密保持などの点からおおよそ考えにくく、今期の先行投資負担を乗り切れば来年度以降はキャッシュを積み上げつつ緩やかに成長していくと思われます。既に有価証券印刷の売上は昨年度決算で全体の5.8%(前年度8%)程度になっています。
 指標面から見るとPER13倍程度、PBR1.5倍程度、配当利回り2.5%なので小型株が軟調な現状では格段魅力的とも思われませんが、プロネクサスに投資する最大の理由は、経営陣に株主価値向上に対する意識が今後確実に働くであろうと考えているからです。
 まず、役員が全員一致(←IRに確認済み)で役員持株会を昨年制度化しました。リスクなし自己負担なし丸儲けストックオプションとエライ違いです。そして自社株買いの一株当り価格は1429円と発表時の時価より40%以上高いのですが、2008年に四半期報告が法定化された以降に発生する利益を勘案した結果、1429円以下は割安であると考えているからではないでしょうか。自社株買いをすれば役員は労せずして自分の保有する株式の価値を上昇させることができ、また発行済み株式数が減少すれば配当金も増加するので、役員の直接の利益になります。自社株買いの発表から一ヶ月、既に自社株買い枠の3分の1を買い付けています。役員持株会は原則として退会時まで株券は引き出せないのですから、役員の皆様は自分の退職時に向けて株主還元を実施し株主価値を最大化させる理由が存在することになります。
 一方市場評価はと言うと、「株券電子化」「今期減益見込み」「株式市場軟調→IPO&ファイナンス減少」「元社員の不正」と株価が軟調になる材料に事欠きませんが、来期以降を楽しみに保有したいと思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR