FC2ブログ

2008年の投資 その2

 2008年4月以降は、棚卸資産の正味売却価額への簿価切下げ(通常の販売目的で保有する棚卸資産は、取得原価をもって貸借対照表価額とし、期末における正味売却価額が取得原価よりも下落している場合には、収益性が低下しているとみて、当該正味売却価額をもって貸借対照表価額とする)による特別損失が発生し、本来の収益力を無視して大きく株価が下落するような銘柄が出てくるかもしれませんね。賢明な投資家にとってはチャンスかもしれません。
 昨年は配当利回りが株価の下支えとして弱い状況でしたが、お陰で高利回り銘柄が多く拾えたのも事実。年10%~30%程度の利益の伸びしろがあり、且つ配当性向&利回りが良い会社を長期的に保有するのも良いかなと。少額配当に関しては軽減税率が適用されそうですし、来年以降有名どころの会社で高利回りは案外見直されるチャンスがあると思います。配当が年20%増加すれば4年で倍、10年で6倍ですので、悪くないと思っています。もちろん利益も市場評価もそれなりに伸び続けることが前提ですが。

 最後になりましたが、来年も宜しくお願いいたします。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR