FC2ブログ

12月末 ポートフォリオ概況

 AKIさんのご要望にお応えして(諸事情により若干非公開もありますが)オール銘柄露出です。(括弧内は前回順位)

1位 プロトコーポレーション(2位)
2位 プロネクサス(1位) 一部売却
3位 タナベ経営
4位 SHOEI
5位 (非公開B:高配当銘柄)(7位) 買い増し
6位 センチュリー21(5位)
7位 アルメディオ(6位)
8位 ダイオーズ
9位 (非公開C:高配当銘柄)(9位) 買い増し
10位 オオゼキ(11位)
11位 エイジス(14位) 買い増し
12位 創通(13位)
13位 昭栄(12位)
14位 SHL(16位)
15位 CDG(15位)
16位 だいこう(17位)

全部売却 ソノコム(10位)
他 さわかみファンド 親孝行ファンドで優待目的の少量保有数銘柄あり


 前回10位だったソノコムを全て売却。プロネクサスを部分売却し、エイジス、高配当銘柄である非公開B・Cを買い増しました。その他の順位の入れ替わりは株価の変動によるものです。先日の日記にも記載しましたが、配当利回りが結構高いポートフォリオになったため、来年は通年で結構な金額になりそうです。配当は株式投資で唯一読め、受け取れば嬉しいものですが、安易にに低PER高配当銘柄漁りに走ることなく、そのような市場評価(=低PER高配当)ということは相応の理由があることを肝に銘じ、バランスの取れた投資を心掛けたいと思います。
 中でも隠れ期待株はアルメディオです。目先売上減でPBR1倍を大きく割り込んでいますが、中国現地法人が生産能力を増強するそうで、来年以降の活躍が楽しみです。間接的に中国株を買っている感覚で、2年後くらいの大化けを狙っていますが、果たしてどうなるでしょうか?その他の銘柄に関しては前回と同じなのでコメントは省略します。

 2007年のパフォーマンス(配当込み)は+15%となりました。好調なプロトコーポに加え3銘柄のTOBでパフォーマンスのほとんどを稼ぎ、保有銘柄全般的には軟調でした。(海外に行っていた間の正確な数字がわからないので、次の式で計算しています。今年の追加を全て年初に実施したとして、その後何パーセント資金が変動したかというイメージです。来年から再び毎月計算する予定です。)

年初来パフォーマンス=年末の資産残高÷(昨年末の資産残高+追加資金-流出資金-受取配当金)

 明日以降の日記で今年の投資を振り返りたいと思っています。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR