FC2ブログ

配当収入を伸ばすためには

 正月は四季報ばかり読んでいたような気がします。ただ、安いと思って調べてみるといろいろ問題があったり、簡単に宝物は見つかりませんね。むやみに入れ替えず、問題が無ければ保有株のままで行きたい所です。

 今年は「長期的に配当収入を年20%増加させたい」という目標を設定しました。配当はある程度読めますし、株価に翻弄されることが減るはずです。むしろ値下がりすると買い増すことで目標達成が容易になりますし。これを達成するためには、

資金の追加を行わない場合……
(1)配当利回りが20%以上高い銘柄に入れ替える
(2)企業が配当性向を現状より20%以上高くする
(3)企業が20%以上利益成長し、それに伴い配当が20%以上増加する

資金の追加をする場合……
(4)資金を現状の20%追加投資する
(5)追加投資と企業の利益成長や配当性向向上が合計で20%以上になる

 そもそも高配当銘柄というのは何らかの理由で売り込まれた結果高配当になってしまった場合も多いので、その高配当が継続しない可能性も高いと考えられます。もちろん、配当利回りや低PERが見直され株価が上昇することも十分に考えられますが、やはり(5)の企業の利益成長+資金の追加→配当が前年比+20% が一番良いのではないかと思います。配当収入だけでなく、株価も利益成長に伴い見直される可能性も高いですし。

 Retriever2000さんが「高配当銘柄のどこがいいんですか?」というナイス記事を書いています。私もさりげなく2日の日記に「悪戯に配当利回りの高い投資対象を狙うのではなく、保有銘柄の利益伸張に伴う配当収入の伸びを享受できるような投資を心掛ける」と書いていたのですが、つまり言いたかったのはやたらと低PERや高配当になるということはそこそこ効率的なマーケットがそれなりにリスクを察知している可能性が高いということでもあるので、それを覚悟の上で購入する必要があるということです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR