FC2ブログ

東芝、HD―DVD撤退検討

 国内のシェアでは大きくBD陣営が引き離していたためある程度予想がついた事ではありましたが、昨日東芝が撤退検討を発表したことで、完全に勝負がついた感がありますね。アルメディオの中期経営計画では、「新たなメディアとして期待されている次世代DVDについては、昨年末に本格的に製品が市場投入されたものの、現時点では市場の先行きが見えておらず、今後普及が進んだとしても、普及のスピードは緩やかであることが見込まれます。」と記載されていますが、BDの普及に加速がつけば次世代DVDのテストメディアの売上が伸びそうです。「業績横ばいbut低PBR&高配当利回り」で購入したアルメディオでしたが、ちょっと面白くなってきました。

-----------------------(以下asahi.comより引用)-----------------------
東芝、HD―DVD撤退検討 ブルーレイが主導権
2008年02月16日22時13分

 東芝は16日、次世代DVDの規格として普及を進めてきた「HD―DVD」について、生産・販売からの撤退も含めた事業見直しの検討に入った。次世代DVDを巡っては、HD―DVDと、ソニーや松下電器産業が推進する「ブルーレイ・ディスク(BD)」が主導権争いを演じてきた。米国の映画大手や量販店などが相次いでBD支持に回り、HD―DVDは窮地に追い込まれていた。 
 かつてビデオではVHS方式がベータ方式に勝利したが、次世代DVDの規格争いも決着に向かいそうだ。
 東芝首脳は同日夜、「17日の週にも対応策を発表する」と話した。東芝関係者は「これまでのように一直線にやれるものではないという認識はある」と撤退を示唆。プレーヤーを新規開発しない可能性があるという。撤退すれば東芝の損失は数百億円に上るとみられる。
 ただ、「HD―DVD事業と一口に言ってもドライブ(駆動装置)、プレーヤー、レコーダー、パソコンと幅広い。やめるにしてもいろんなやめ方がある」ともしており、パソコンへのドライブ搭載など一部の事業は続ける可能性もある。
 東芝が事業の見直しを迫られたのは、米映画大手などDVDソフトの供給元と、小売店など販売先の両面で、BD支持が広がったからだ。米映画大手では今年に入り、ワーナー・ブラザースがBDの単独支持を決定。残る2社についてもBD陣営への乗り換えの可能性が欧米メディアで報じられていた。
 小売り最大手の米ウォルマート・ストアーズは15日、BDを支持すると発表。HD―DVDの商品は6月までに店頭から撤去する。今月11日には米家電量販店最大手のベストバイもBD商品を来月から優先販売すると発表している。
 東芝は米市場で1月にプレーヤーの価格を従来の半額に下げ、巻き返しを図ってきたが、シェアは30%弱にとどまっている。
 国内でもBD陣営が年末商戦で圧倒。調査会社BCNによると、昨年12月の次世代DVDレコーダーのメーカー別台数シェアは、BD陣営が9割以上を占め、圧倒していた。
-----------------------(引用終わり)-----------------------

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR