FC2ブログ

ジャスダック 来週よりLP制度導入

 マイポートフォリオは年初来安値更新です。強がる気にもなれません(泣)。実際に資産が時価で減り続けるのはやはり精神的に堪えるものです。
 ゲンナリしつつも物凄く冷静になれば、長期的には大チャンスだとは思うのですけどね。バリュー投資を始めた頃にバフェットやグレアムの本を読み漁り、下落相場でチャンスを掴むことが如何に大事かを頭の中に叩き込んでも、それを実践するのは難しいですね。

 それにつけても、タナベ経営のように鉄板財務で業績好調な銘柄が配当利回り4%オーバーですからね。他の銘柄にしたって、どう考えても今売るのはあほらしく、ついつい含み損に甘んじてしまうのでした。プロトコーポにしたって、沖縄に設立したプロトデータセンターが本格稼動するのは来期以降だし、そもそも経費削減効果を狙って設立されたわけで、データベースを活かしたビジネスに本格的に取り組めば丸儲けだと思うとどうも売りにくいです。(注:若干バイアスがかかっている気もしますし、ただ単に高値を見たから売りにくいだけかもしれませんので念のため)

 さて、ジャスダック証券取引所では来週よりマーケットメイク方式を廃止し、※リクイディティ(Liquidity)プロバイダー制度を導入するようです。しかし銘柄によって名乗りを上げているリクイディティプロバイダー数が結構まちまちで、3800BSPなどは7社くらい名乗りを上げているのに、8898センチュリー21などは日興コーディアル証券のみ。ジャスダックの説明によれば最低でも毎日取引は成立するわけで、今までのように出来高ゼロといった状態は避けられるわけですから、それなりの流動性が確保されていくのでしょうか。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR