FC2ブログ

毎月の増資は変わらず

 先週わけあって割と大きな金額の増資を実施することができました。しかし、サラリーが続く限り毎月のチマチマ増資はこれからも続けていくつもりです。

 株価を読むことは大概の人には不可能だと思いますが、配当金はある程度読むことが出来ます。その配当を年20%増やす(20%元金を増やす、保有銘柄の配当が20%増加する、配当利回りが20%高い銘柄に入れ替える、保有銘柄の配当性向が20%増加する等)ような投資をすれば配当金額は4年で約2倍、20年で約30倍です。資産が大きくなれば当然多少の増資は効果が小さくなりますが、保有企業の業績が好調なら配当金は確実に増加します。この増加ペースを少しでも早くするためには、上手い運用と同時に増資も欠かせません。現状3%以上の配当利回りがあって、年20%程度増配してくれる企業が見つかれば最高なのですが。

 ちょっと話はそれますが、「投資は早く始めたほうがいい」というsola2002さんのエントリー、同意です。

-----------------------(以下引用)-----------------------
退職金で投資39% 60%超が含み損抱える フィデリティ投信調べ

 定年退職した60~65歳の全国の男女1000人のうち、退職金で株式や投資信託などを購入した人は39・2%で、そのうち60・7%が昨年後半からの株式市場の低迷で含み損を抱えていることが分かった。米系投資信託会社のフィデリティ投信(東京)がインターネット上でアンケートした。
 含み損が発生した人のうち、79・4%が「保有し続けたい」、2・1%が「買い増したい」と回答。理由は「中長期の運用が前提」(50・0%)、「損を確定したくない」(29・4%)が多かった。
 投資先で最も多いのは日本株(57・7%)。次いで日本株以外で運用し、定期的な分配金のある投資信託(37・0%)、日本株で運用し定期的な分配金のある投資信託(23・5%)だった。
 日経平均株価が上伸した年の翌年に退職した人たちに関しては、投資する割合が高いという。投資しなかった60・8%のうち、約4割が「元本割れのリスクを取りたくない」、3割弱が「そもそも投資に興味がない」と答えた。

 フィデリティ退職・投資教育研究所の野尻哲史所長は「後期高齢者医療制度の導入など負担増が求められており、家計の大きな節目となる定年退職を見据えた準備が必要」としている。
-----------------------(引用終わり)-----------------------

 sola2002さんの日記の引用記事からの再引用ですが、実際大金を手にして「さあ、株でもやってみるか」で上手く良くとは思えません。私自身も2004年に僅かな貯金を片手に投資をしたものの、いきなり20%超え損失を喰らいました。それでも挫けずその後チマチマと自分のサラリーから増資して投資を続けたのが良かったと思っています。少額で少しずつ投資経験を積み、一生に何度かある増資や投資のチャンスを活かせるようにしておくのが良いと思います。退職金でデイトレードを始めて数百万を溶かした親戚がいたので、余計にそう思いましたね(笑←やや不謹慎)。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR