FC2ブログ

分析-4327日本SHLの配当成長

 私の日記は保有銘柄の決算か重要なIRのレビュー記事がほとんどで、市況や経済的なネタはほとんどありません。ほとんどが株式で、先々配当を増やしてくれそうな銘柄でポートフォリオを構成して受取配当の成長を待つというスタンスだとどうしてもこうなると思うのですが。
 配当を増加し続けるためにはキャッシュフローを伴った利益の増加、あるいは自社株買い等の資本政策を正しく実施していく必要がありますので、必然的に数字もビジネスモデルもまあまあしっかりした銘柄を選ぶことになると思います。

 当然ながら、目先の配当利回りよりも配当を少しずつでも増加させてくれる可能性の高い銘柄を選びます。4327日本SHLは高利回りでありながら配当も少しずつ成長しています。2006年~2011年の間に配当は1.324倍(年平均5.8%の増加)になっています。

2006年度/5400円
2007年度/6300円
2008年度/6300円
2009年度/6800円
2010年度/6800円
2011年度/7150円
2012年度/7150円(予想)


 配当利回りが5%で、配当増加を年5%してくれる銘柄を保有することは、年率10%の金融商品を保有しているのと同じことになりますが、配当増加を継続できるビジネスモデルかどうかを判断するのが難しいですね。4327日本SHLの場合は固定観客から売り上げを稼ぎつつ、新規客を開拓し、自社株買いでEPSを増加してくれています。そして設備投資もあまり必要ありません。
 不況下でも着々と稼いでいる企業があるのは間違いないので、そうした銘柄で構成するポートフォリオを組めば夜もよく眠れると思います。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR