FC2ブログ

第2期決算-9286エネクス・インフラ投資法人

 9286エネクス・インフラ投資法人から「2019年11月期 決算短信(インフラファンド)」「2019年11月期(第2期) 決算説明資料」がリリースされています。生産したモノ(ここでは発電した電気を指す)が一定期間、一定の単価で売れ続けるビジネスはそうあるものではなく、そういう意味ではインフラファンドに投資できるのは貴重な事だと思い、あまり細かく調べずに全銘柄を少しずつ保有しています。
 
【分配金の推移】
2019/11 6000予→5953修→5980
2020/11 6000予→5936修→6000修→?

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

インフラファンドのアップデート、ありがとうございます。

私も投資というより、「買うことができる権利」という感じです。利権ですね。

パネル廃棄費用とか出力抑制とか、「後出しジャンケン」のようなケースもありますけど、最も嫌な「業績下方修正」のリスクは最小限ですね。

不動産と比べても空室リスクもないですし。リーマン・ショック後はテナント退去とかフリーレントとかで分配金がカットされて悔しい思いをしたので。

Re: No title

> インフラファンドのアップデート、ありがとうございます。
> 私も投資というより、「買うことができる権利」という感じです。利権ですね。

いえいえ、米国株やインフラファンドへの投資は完璧にgonchanさんのお陰ですので、こちらこそ感謝しています。

> パネル廃棄費用とか出力抑制とか、「後出しジャンケン」のようなケースもありますけど、最も嫌な「業績下方修正」のリスクは最小限ですね。
> 不動産と比べても空室リスクもないですし。リーマン・ショック後はテナント退去とかフリーレントとかで分配金がカットされて悔しい思いをしたので。

当時リートは触ってなかったので知らなかったです。そんなことがあったのですね。私はインフラファンドは一定期間作ったものが一定の価格で売れる事が約束されている良いビジネスだと思っています。
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR