FC2ブログ

リートへの投資の考え方

 現在、私のポートフォリオには3492タカラレーベン不動産投資法人3468 スターアジア不動産投資法人3470マリモ地方創生リートを保有しています。中身はさほど調べずに利回りがそこそこに高いと言う理由で持っているのですが、どの銘柄も決算ごとに配当の上方修正&増配をしています。

タカラリートの分配金の推移
2018/8 28予→98
2019/2 3235予→3398
2019/8 2915予→4693
2020/2 3050予→3620修
2020/8 3100予→3120修
中期目標 3500予

スターアジアの分配金の推移
2016/7(H28) 予829→→968
2017/1(H29) 予3046→3112
2017/7(H29) 予2726→4423
2018/1(H30) 予4039→4077
2018/7(H30) 予2750→2773
2019/1(H31) 予2804→3720
2019/7(H31) 予3400→3500
2020/1(H31) 予2770

マリモリート 分配金の推移
2016(H28)/12 予576→977
2017(H29)/6 予3210→3462
2017(H29)/12 予3203→3431
2018(H30)/6 予3389→3441
2018(H30)/12 予3425→3445
2019(R01)/6 予3389→3494
2019(R01)/12 予3400
2020(R02)/6 予3400

 リートは普通株に比べるとあまり面白い投資対象ではない割にはリスクはそれなりにあります。増配株を持っていればいつかは投資金額に対する配当利回りはリートを超えると考えていますので、ポートフォリオのメインは普通株式ですが、一定程度のリートやインフラファンドを取り入れたいと思っています。配当で利益の大部分を吐き出すので、著しい成長は難しいはずです。しかし事業内容から勘案すると、一般的な上場株式に比べて配当の安定性は高いと考えています。
 例えば一般的な上場企業の場合、未来永劫同じ製品やサービスが売れ続けるとは限りません。しかし、リートが取り扱っている賃貸物件は、経済状況によって賃料や稼働率は変わるであろうけど、その多くを住居や事業用途で誰かが借りるはずです。製品やサービスは値下げしても売れない可能性があるが、まともな賃貸物件は値下げすれば少なくとも借りては付くのではないでしょうか。リートが組み入れている物件は、周辺の物件と比較してそれなりの競争力があるだろうし、借り手が全くつかない事態は考え難いです。
 かつ、リートは銘柄数も少ない上に物件も公開されているので、投資口価格もそれなりに効率的(=マーケットが妥当な価格を付ける)だろうと考え、シンプルに利回りの高い(=マーケットはリスクが高いと感じている)銘柄をいくつか保有しているのです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR