FC2ブログ

リート利回りの差

 リートは利回りの高めの銘柄を買ってほぼ放置という、あまり褒められたものではない投資をしておりますが、世の中には自分の保有している銘柄の2分の1~3分の1程度の利回りの銘柄があります。例えば日本ビルファンドなどは分配金利回りが2.76%、一方私が保有するマリモやタカラレーベンは5.67%、5.90%と倍以上の開きがあります。
 実績や信用力の差や機関投資家、日銀の買いの有無などいろいろ原因は考えられると思いますが、私がいつも普通株に適用している「配当金の上昇率は金融商品の利回りに相当する」という考え方をリートに適用すると、何となく納得いきます。
 今のところマリモやタカラレーベンは分配金が成長する兆しがほとんどありません。一方、日本ビルファンドは2010年6月と2019年6月を比較すると配当金を7569円から10560円に成長させており、これは年平均3.77%配当金を増やしている事になります。
(10560/7569)^(1/9)≒1.0377
 株やリートを定期預金に置き換えて考えると、受取利息を複利運用せず毎年受け取っているものとして、前年に比べ受取利息をA%増やすためには、仮に利率が変更しなかったとしたら元本をA%増やす必要があります。つまり、年3.77%配当を増やしてくれると言う事は、分配金利回り+3.77%の金融商品に相当する事になり、日本ビルファンドの場合は6.53%ということになります。これは配当をほとんど増やしていないマリモやタカラレーベンの利回りと遜色ない結果で、マーケットはそれなりに効率的に機能している(=ほどほど妥当な株価・投資口価格が形成される)ことになります。
 自分の好みではリートも低利回りでも配当成長させてくれている銘柄が欲しいです。そういう意味では2010年11月期に3240円だった配当を2019年5月には12559円にしている大和証券オフィス投資法人など超好みなのですが、株の方が増配傾向にある株が多いので、リートではあまり成長が期待できなくても利回りの高いものを選んでいます。
 なお、今回の記事は日本ビルファンド・大和証券オフィスとも増加率の数字のインパクトを引き出すために直近の決算のうち配当金が最低の時と比較していますので、設立当初との比較ではそれほどの成長ではない(大和証券オフィスはむしろマイナス)ことをお断りしておきます。ここ数年が増配傾向にあるということですので、ご了承ください。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR