FC2ブログ

バリュー投資15年を振り返る

 先日、さらっと流してしまいましたが、せっかく先月末で株式投資を本格的に始めて15年経過したので、簡単に振り返ってみたいと思います。
 私は実家の父が多少株式投資に興味があったようで、家に投資の本とか四季報とかが多少置いてある環境でしたので、投資をすることが一般的ではないけれど、少しお金を貯めれば個人でもできると言う事は感じていました。株をやって見たかったのですが、学生時代にはお年玉やお小遣い程度では株は買えなかったため、投資信託を10000円単位で買って見たり、社会人になってからは日興証券の「るいとう」(個別株を1万円程度から、毎月一定金額づつ積み立てる投資商品)を利用したり、ある程度貯金ができたら単元株なども買ったりして数百万円程度になりました。
 就職して数年後、事情があって実家の住宅ローンを肩代わりしたのです。少しでも早く返済するために、給料のほとんどと投資で貯めた資金も解約し繰上返済しまくって、投資を始める2~3年前にはローンを完済したものの貯金はゼロ。当時は金利が良かった社内預金で一から積み立てを始めました。
 2004年に、職場の後輩に誘われてあるコンサートに行きました。早く着き過ぎたためホールの隣の書店に入り、バフェット本を見たのが投資の再スタートのきっかけになりました。帰ってからバリュー投資サイトをいくつか発見し、自分でもバリュー投資を始めてみました。その年は-15%でした。
 翌年2005年は+108%でしたが、ライブドアショックのあった2006年は-40%となり、2007年は多少戻したものの、2008年は元本割れすると言う切ない結果になりました。その間に株価はデコボコと変動するけれど入金される配当金は比較的安定しているという当たり前の事に気が付きました。
「配当が年20%増加すれば4年で倍、10年で6倍ですので、悪くないと思っています。」
 2007年末のブログにこんなことを書いていましたが、その後に受取配当金を毎年増やすような投資を考え、「できるだけ入金する」「増配してくれる株を買う」「配当の良い株に乗り換える」などの戦略を考えていったように思います。
 配当に着目して投資をしていくと、連続増配している株はそれなりに注目され妥当な株価が付きやすい事、単なる高利回りはマーケットがリスクを認識している可能性が高い事、増配することはそれなりにビジネスがしっかりしていないとできないと言う事を学びました。そこで、連続ではないけれど長年でみると増配傾向にある株、記念配などで連続増配が途切れた株、上場直後で実績はないけれど増収増益増配になりそうな株など、世間で一般的な高配当や連続増配銘柄には拘らずに買っていきました。投資の詳細はこのブログ13年分を見ていただければと思います(無理)。
 2017年には配当がそれなりの金額になり、優待も合わせると何とか生活できるレベルになりました。
 近年はポートフォリオや受取配当の安定性や分散投資の一環として、リート、インフラファンド、米国株も少し持っています。特にインフラファンドは「10年以上も商品を同じ価格で買い続けてもらえる」と言う通常あり得ないビジネスです。
 昨今の企業の業績が良かった事や株主還元に積極的なこともあって、2005年から20年かけてこれくらいまで配当を伸ばしていきたいなと思っていた計画をだいぶ上回って推移しており(下のグラフをご参照ください)、本当に有難いことです。また、資産の評価額も爆発的ではないもののそれなりに伸び、当初の期待を上回って推移しています。もちろん、これで満足することなく、今後も受取配当と資産額を増加させていくような投資を心掛けたいと思います。
20190701 配当金推移.gif

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR