FC2ブログ

IR-9787イオンディライト

 9787イオンディライトより「当社連結子会社カジタクにおける会計処理問題に係る特別調査委員会からの中間報告書の受領について」が5月24日付でリリースされています。
 チェルトのころから長年保有してきましたが、ついに売却しました。先日のリリースで大部分は売っていたのですが、分割時に発生した端株を残していました。しかし、このリリースを見て手放すことを決めました。
 保有期間に貰っていた配当もそれなりで、キャピタルゲインも十分に取れました。私はできるだけ長期的に緩やかに成長が期待でき、その成果としての配当金の増加を享受できる銘柄を保有したいと考えています。逆に、決算やリリースを精査をしなければ保有し続けられない銘柄の保有は、正直個人投資家として手に余ると考えています。そこにチャンスを見いだせる能力のある方ならそれも素晴らしい事だと思うのですが、私は保有に際しさらにまだ出てくるのではないかという不安しかありません。
「自分の気持ちに正直に」
 これは、私の投資の前提としてとても大切にしているものです。投資は種銭づくりから始まって売買に至るまで、我慢すべき局面がいくらでもあります。その中で、個人投資家が信頼できる企業に資金を投ずるのが最も時間の無駄が少ないと思っているので、その後にどんな結果が待っていようと、自分が疑いを持ちながら保有しなくてはいけない銘柄をわざわざ好んで保有する気持ちはありません。
 イオンディライトは自分のポートフォリオのパフォーマンスに長年貢献してくれた銘柄だけに、手放すのは本当に辛いのです。
 私は確固たる投資哲学はありません。気持ちが晴れないまま保有するのはイヤなので手放す、ただそれだけです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 投資日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR