FC2ブログ

出力制御のインフラファンドに対する影響

 九州電力株式会社(以下「九州電力」といいます。)が実施した出力制御及びそれに関するリリースを過去に何度か取り上げてきましたが、その具体的な影響がどの程度であったのか、9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人から1月18日にリリースされた「太陽光発電所月次発電電力量実績に関するお知らせ」より確認してみます。

※とりあげた過去記事はこちら
【九州電力管内における出力制御の影響について】
【九州電力管内における出力制御(第二次)の影響について】
【九州電力管内における出力制御(第三次)の影響について】
【九州電力管内における出力制御(第四次)の影響について】
【九州電力管内における出力制御及び熊本県熊本地方の地震の影響について】

 この表は2018年度における発電所ごとの「パネル出力、予想発電電力量、発電電力量、予実対比」をまとめたもので、参考として右側に出力制御が行われた日を○印で表示してあり、黄色に塗りつぶされている発電所が1度でも出力制御の対象となった発電所です。 見ての通り、予実対比が100%を切っているのは2箇所しかなく、後の7か所は全て予想発電電力量を発電電力量が上回っており、全ての発電所の合計も103.33%と全く問題ありませんでした。九州にほとんどの発電所を保有するカナディアンソーラーがこの状態なので、他のインフラファンドは影響はほぼないと考えて差し支えないでしょう。もちろん、昨年は6日しか出力制御を行わなかったので、出力制御の頻度が高くなれば影響は出てくる可能性もありますが、現状では大きな心配はなさそうです。

20190123 カナディアンソーラー2018.gif

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR