FC2ブログ

損出しクロス

 年末が近づき、今年も「損出しクロス」の時期がやってきました。

 説明不要な方も多いかもしれませんが、「損出しクロス」とは含み損になっている保有銘柄を一旦売却して同じ株価で買い戻し損失を確定させ、その年の確定利益と相殺して税金の還付を狙うテクニックです。具体例を出すと、300万円で買った株が現在200万円の時価だったとします。この株を200万円で一度売ってもう一度200万円で買い戻すと、100万円の損が確定します。この時点で、既に私が今年100万円以上の利益又は配当を得ている場合は、税金が100万円の20.315%、つまり約20万円戻ってくるのです。特定口座内の売買ですと直ぐに計算され、受け渡し日に現金として還付されます(※注)。ポートフォリオの内容を替えずに、税金だけ戻ってくるわけです。
 さて、この話を聞いて疑問に思われる方もいるかもしれません。例えば、「もし、その株が数年後に500万円になったら?」と考えてみましょう。

損出しクロスをせず、500万円になって売却した場合
→(500万-300万)×税率20.315%=約40万円の課税=160万円の儲け

200万円で損出しクロスを一度して、500万円になって売却した場合。
→損出しクロス時 (200万-300万)×税率20.315%=約20万円の還付
→500万円で売却 (500万-200万円)×税率20.315%=約60万の課税
→合計、約40万円の課税=160万円の儲け

 損出しクロスをした銘柄が値上がりした時に売ると、結局は損出しをしなかった場合と税負担は変わらず、どちらも売買益は約160万円となります。むしろ損出しクロスをした方が、売買が2回多い分手数料が余分にかかります。
 しかし、損出しクロスをした時に約20万円の還付が発生するので、これを同じ株の買い増しに使ったとします。そうすると、売却時には先ほどの例と比べて株数が増えてますので550万円で売ることができます。

300万で株を買い、200万円で損出しクロスを一度する。
→損出しクロス時 (200万-300万)×税率20.315%=約20万円の還付
その20万円でさらに同じ株をを買い増しすると、保有株は220万円分になる。
→550万円で売却 (550万-220万円)×税率20.315%=約66万の課税

 そうすると、最初に300万円で買った株を最終的に550万円で売ることができ、約66万円課税されたことになるので、約184万円の儲けとなります。この差24万円は、損出しクロスで得た還付金を運用した結果です。つまり、税を先延ばしすることで、その分を運用に回すことができ、長期的にはパフォーマンスを向上させることができるのです。別に同じ銘柄を買う必要はありませんし、また保有した銘柄を売らなければ税金をいくらでも先延ばしすることができます。
 もちろん、「損出しクロス」で得た税金を、先延ばしした分だけ上手く運用できることが前提ですが(汗)。そもそも銘柄選びを間違えた場合は「損切り」の方が優先です。これが私は中々できないんですけどね……。

※注:配当の場合や、一般口座の場合は違うので、各自お調べ下さい。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR