FC2ブログ

2008年のパフォーマンス アセットアロケーション

 月次+7.8%、年初来マイナス37.25%でした。さわかみの基準価格が更新されていないので若干の訂正の余地がありますが、まあ大きくは影響しませんので。

 苦しくもあり、チャンスでもありとゲンナリとドキドキの交錯する年でした。正直サブプライムの影響を甘く見ていたなというのが率直な感想です。
 2008年末のアセットアロケーションは以下のとおりです。株式98%でアセットアロケーションも何もない気もしますが(笑)

株式98%
 4298プロトコーポ
 7839SHOEI
 7893プロネクサス
 8410セブン銀行
 4327SHL
 9644タナベ経営
 3354チェルト
 (非公開)
 3711創通
 7859アルメディオ
 7617オオゼキ
 3003昭栄
 4767TOW
 3763プロシップ
 他、少量保有銘柄、優待銘柄合わせて51銘柄
投資信託2%
 さわかみファンド

 株価の変動やセブン銀行・SHLの買い増しにより順序が若干入れ替わりましたが、まあ相変わらずのポートフォリオです。以下、主力のコメントを簡単に。

 プロトコーポ、業績予想は強気ではなくコスト削減の積み重ねによるものと考え買い増し。
 SHOEI、設備投資と減価償却のピークである今期を乗り切れば再び安定成長へ向かうと考え買い増し。
 プロネクサス、証券不況から業績もイマイチ。積極的な自社株買いと上場会社なら使わざるを得ないサービスを提供。ホールド。
 セブン銀行、割安ではありませんが他の銀行がATM投資を控える中全国にATMを増殖させているセブン銀行とは提携せざるを得ないので、売上&利益の質は高いと考え主力へ。一応テンバガー候補。
 SHL、テストの「紙→WEB化」により一段と収益性が高まることを期待し買い増し。そもそも割安高配当。
 タナベ、セールスプロモーションの伸びは相変わらず。来期業務見直しにより収益性アップを期待。そもそも割安(時価総額<保有現金同等資産)。ホールド中。
 チェルト、不況下で小売業そのほかのコスト意識はより高まると考え買い増し。PER約6倍・配当利回り約5%と割安、この不況下業績の進捗もまあまあ、時価総額133億円に対し現金+預け金+定期預金=125億円&無借金と財務も良好、バリュー投資の王道的銘柄。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR