FC2ブログ

九州電力管内における出力制御の影響について

 2018年10月13日及び14日に九州電力株式会社(以下「九州電力」といいます。)が出力制御を実施しました。私は個人的にインフラファンド全銘柄を保有しており(注:ウェイト的にはまだ低めですが……)、過去の記事で出力制御が多少行われたとしてもそれほど影響はないと考えていたものの、やはり実際に行われるまでは若干心配していました。
※とりあげた過去記事はこちら→【九州電力、初の出力制御を実施】

 そして、各投資法人から今回の出力制御がどの程度影響が出たのか、10月15日付でリリースされていますので、それらを簡単にまとめました。

9281タカラレーベン・インフラ投資法人
出力制御の実施対象とはならなかったため、影響なし

9282いちごグリーンインフラ投資法人
10月14日いちご都城安久町ECO発電所(宮崎県)が対象
分配金予想に与える影響なし

9283日本再生可能エネルギーインフラ投資法人
大分県宇佐市1号・2号太陽光発電所 稼働停止 10月14日 8時51分~16時10分
基本賃料は固定賃料のため、運用状況(分配金)の予想への影響なし

9284カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人
10月14日の9時から16時 S-08_CS日出町発電所(2.5MW) 出力制御実施
予想賃料収入に対する遺失賃料収入の比率 0.01%
※こちらの記事もご参照ください→【9284カナディアン・ソーラー 出力制御実施】

9285東京インフラ・エネルギー投資法人
リリースなし
※10月14日現在で九州電力管内に発電施設は保有していないため、おそらく影響なし。

 どの投資法人も今回の出力制御の影響は極めて軽微で一安心ですが、太陽光発電そのものの先行きは決して明るくありません。今後買取価格が今までにも増して急ピッチで下げられ、認定を受けたものの発電&売電していない施設は買取価格を下げるそうです。既に取得した設備は影響はないはずですが、今後は高利回り物件の取得が難しくなることは間違いありません。また、景気回復や物価上昇により金利が引き上げられれば、収益構造上インフラファンドの利益を直撃します。やはり年率6~7%の高利回りにはそれなりの理由があるわけで、今後もそのあたりのリスクを勘案しながら程々に投資していくつもりです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR