FC2ブログ

分析-7164全国保証について

 マイポートフォリオの主力である7164全国保証より優待のクオカード5000円分が届きました。
20180617 全国保証の優待.jpg

 全国保証を新規買いした時の記事を見ていただければわかるとおりですが、提携先の金融機関が住宅ローン契約をした際の保証料を主な収入源とし、貸倒が発生した際は銀行にローン残高を支払って残債の回収に努めます。貸倒率に見合った保証料を設定すれば、契約さえ継続的にとることができれば基本的に赤字になることはない鉄板ビジネスです。
 私は保証債務残高はさほど注視せず、将来の保証料収入に直結する長期前受収益の推移を確認します。景気の後退や災害などで貸倒が急増した際のリスクがありますが、東日本大震災の際も翌年度に債務保証損失引当金の戻入が生じたくらいですので、私はあまり心配していません。
 魅力的な優待と、昨今では珍しく総会に出席すると御土産がもらえるそうで、期末一日株主も多いようです。買い煽るつもりはありませんが、それほど割高でもないですし、毎年増配もしていますので、中長期の投資対象としてそれなりに魅力はあると思うのですが、あまり人気はありませんね(笑)。

(追記)
 参考までに、ツイッターで呟いたのですが、震災前後の営業利益の推移です。これが今後も100%あてはまるとは言いきれませんが、おそらく市場参加者が想像しているのは大幅減益とか、むしろ赤字になるとかそれくらいのレベルではないでしょうか。

2010/3 47億
2011/3 52億
2012/3 48億(震災の年度)
2013/3 107億

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR