種銭稼ぎあれこれ

 投資でどうしても必要になってくるのが種銭、すなわち元手です。
 あっという間に10倍20倍になる株を見つけられるか、トレード力があるならともかく、私はそれほど売買が上手いわけではないと思っていたので、とにかく元手を貯めることを考えました。基本は「収入を増やし、支出を減らす」事です。どちらかでも良いと思いますが、両方実施すれば効果は倍です。

 ここからは私の個性の部分だと思いますが、収入を増やす面に関しては本業に注力し、収入源を増やすことはしませんでした。私自身は職場での評価はそれほど高くなく、昇進も昇給も平均程度でした。実際、ある取材で収入のことを聞かれ、「え、そんなに年収が少なかったのに種銭をxx円も貯めたのですか?」と聞かれたくらいです(笑)。
 私は職場のほとんどの人が諦めていた職場環境の改善を時間をかけて進めた結果、労働生産性が明らかに上昇し、その成果が認められて昇給につながりました。投資を始めた頃、職場の人は自分のスキルを磨き、自分ができる人になることを考えていました。一方私はそういう努力を怠りましたが、オフィスのレイアウトに着目して、出来ない人がやる気を出し、できる人はさらに仕事をやり易くすることを考えました。数字として結果が出れば、それを認めざるを得ませんから、私の給料が上がったというわけです。
 こういう形での収入増が多くの人に可能かどうかは難しいところですが、考え方は完全にバリュー投資と一緒でした。人が目を付けないところにチャンスがあるという考え方を持ち込んだ結果です。

 一方で、節約は保険の見直しとか、家の電球を一気にLEDに替えるとか、車は燃費で選ぶとか、スタートしてしまえばほとんど意識せずにできることから手を付けました。決して安くない無印良品とか好きなので、私は節約志向がないことは明らかです。そこで、意識しないとできない事は極力手をつけなかったのです。

 投資も種銭稼ぎも自分の性格に合ったやり方を選んだほうが継続しやすく、長年では成果が表れやすいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR