FC2ブログ

なぜパフォーマンスを毎月計算するのか

 私の投資は増配株の長期保有がメインのため、保有期間が必然的に長くなります。当然ながら、毎月のようにパフォーマンス計算をしたところであまり意味はありません。せいぜい年末に計算して、自分の投資が大きく間違っていない事を確認すれば良い気がします。例えば、10年くらいインデックスに負けていればアクティブ運用する意味はなかったと考えられますから、個別株投資をせずにETFを買って放置しておくのも選択として悪くないのかもしれません。

 毎月計算するのは、資金を毎月追加してきたからです。資金の追加を考慮して修正ディーツ法で計算することを考えると、毎月月初に入金したと考えるディーツ法で毎月計算した方が手間も少なく、修正ディーツ法との誤差も気になるほど大きくはないと考えたからです。また、アクティブな投資信託と比較するために配当も全て含めています。もし自分がインデックスと比較したくなったら、年単位のパフォーマンス計算を配当抜きでやればよいのです(修正ディーツ法とディーツ法の違いがわからない方は検索して調べてみて下さい)。実際やったことはないですが。

 そして、先ほど計算したところによると、今月もらう配当に匹敵する金額のマイナスが……(泣)。
 

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR