FC2ブログ

集中投資と分散投資

 今の自分のポートフォリオは日米合わせて100銘柄近くになっていますが、実際には主力銘柄に資金が偏っていますので、集中投資と言えなくもないです。中には1~3銘柄に資金を寄せる人もいますので、そういった意味では適度に集中、適度に分散投資ということになるのでしょうか。もちろん、適度とは自分にとってということで、一般的にはどうかわかりませんが(笑)。

「資金の少ないうちは、中小型株に絞って集中投資」というセオリーは、私は反対派です。自分自身も、数百万円でスタートした時点で複数銘柄に分散しました。そして、決算が良かったものを資金を追加して買い増していきました。そもそも、投資を始めたばかりの時に運よく何倍にもなる銘柄に巡り合ってそこに集中投資できる、という都合のいい事が簡単にできるとは思えません。最初から上手く行ったり、既に集中投資をするに値する銘柄を探せる能力がある人が言っているだけの気がします。
「失ったら、また稼げば良い。最初の資金は小さいのだから直ぐに稼ぎ直せる」とは他人の事だから言えるのであって、実際に投資を始めたばかりの人がそう言う状態になったとして、簡単にもう一度同じだけ稼いだ再び株にお金を入れるかといえば、それは余程の神経出ない限り難しいと思います。

 10銘柄に分散投資しても、そのうちの2~3銘柄が数倍になってくれればそれなりのパフォーマンスになります。長年真面目に取り組んでくれば、そのうち10社のうち6~7社が数倍になるようなポートフォリオが組めるようになって来ることでしょう(……といいながら、私はまだ10銘柄中1~2銘柄といったところですが)。
 株式投資で上手くいった話は誰もが積極的に出しますが、上手く行かなかった話は本人とともに消えていくだけです。集中投資で上手く行った話が1つある向こう側には上手く行かなかった話が何倍もあるはずです。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR