FC2ブログ

GPIFの7~9月期、運用益4兆4517億円

(日経新聞より引用)
 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が2日発表した2017年7~9月期の運用実績は4兆4517億円の黒字だった。黒字は5四半期連続。国内外の株式相場が回復したことが追い風となった。
 9月末時点の運用資産は156兆8177億円と6月末時点の運用資産(149兆1987億円)から拡大し、過去最高となった。7~9月期の運用利回りはプラス2.97%だった。
 株式が収益(市場運用分)の押し上げに寄与した。国内株が1兆7959億円、外国株は2兆349億円の黒字だった。国内債は、748億円の黒字を確保した。外国債も5399億円の黒字だった。
 9月末の資産構成は、国内株は24.35%と6月末からほぼ変わらなかった。外国株は24.03%、外国債14.02%とそれぞれ08年度以降で過去最高を記録。逆に国内債は28.50%で最低だった。短期資産は9.10%と比較可能な2014年10~12月期以降で最高となった。
(引用終わり)

 久しぶりに取り上げる公的年金ネタですが、これで5四半期連続黒字だそうで、株高に伴って運用成績も絶好調です。
 それはそれでいいことなんですけど、出口をどうするかです。
 実現は難しそうですが、年金が保有する株式を自社株買いしたら、税負担を軽減するとか。
 パッシブ運用分はひたすら日銀が買うとか。

関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

日銀の出口の話ならわかりますけど年金に出口なんかありませんよ。

Re: No title

> 日銀の出口の話ならわかりますけど年金に出口なんかありませんよ。

さいもんさん、コメントありがとうございます。
出口がないままの状態が続くといいですね。出口が必要な時は積立金の取り崩しが必要な時、要するに保険料収入や税金を上回る支払いが必要な時ですから。

No title

いえ、年金積立金は少しずづ計画的に取り崩していって最終的にはゼロになる性格のもので、出口は最初から決まっているという意味です。

Re: No title

なるほど、了解しました。
Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。
投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。
どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR