ダイヤモンドZAI 2017年6月号をご覧になった方へ

 私の投資法がダイヤモンドZAIに紹介されました。
 それを見て興味をお持ちになりこちらのブログを訪問して下さった方もいらっしゃると思いますので、先日ザイ・オンラインに掲載して頂いた時の内容と若干かぶりますが、簡単にご挨拶させていただきたいと思います。

 私は2004年に投資を始め、2005年に楽天ブログ、その後こちらのFC2ブログやツイッターで自分の投資銘柄や成績などを公開しながら投資を続けてきました。紹介いただいたとおり、バリュー投資からスタートし、一応ビジネス分析や成長株投資などに挑戦し、最終的に増配銘柄の長期保有という現在の手法に行きつきました。マイ月末にポートフォリオを公開していますが、増配銘柄のみならず無配の銘柄や直近に上場した銘柄、金券を中心とした優待銘柄などにも投資しております。ここ数年の株高で、受取配当のみならず資産額もそれなりに伸ばすことができました。

 今回の紙面は、同じコーナー「株で儲け続ける『これだけ』必勝法」の中で、私より運用成績にすぐれ資産額も多い方もいらっしゃるにもかかわらず、恥ずかしながら2ページの紙面を割いて取り上げていただきました。ザイオンラインの取材の際にも言われたのですが、億を超える個人投資家はほとんどの人が株に対する造詣が深く、下手をするととてもじゃないけど真似できない知識や技術による手法であることが多いそうです。私のような「増配銘柄の投資」という比較的シンプルな手法を全面的にとりいれてそこそこの資産に到達している人が少なく、ダイヤモンド社さんにはオンライン・紙面の双方で「投資にあまり時間を割くことにできない多くの人に取り入れやすい手法」ということで取材いただきました。
 とはいえ、私はバリュー投資からスタートし、成長株投資も心掛けようとしたけれど、ビジネスモデルの分析は難しく結局わかりやすい増配株投資にたどり着いたというのが正直なところです。個人投資家としての能力や熱意はかなり最低限度で、元金をそこそこ貯めたお陰でまあここまでたどり着いた感じです。
 私自身も勤め人で、普段から趣味も楽しんでいます。常にマーケットの動向を注視したり、一銘柄ずつ入念に分析したりはできません。そこで「増配銘柄はそれなりの優れたビジネスモデルを持っているはず。複数の増配銘柄に分散投資すれば、手間と時間は最小限に毎年増える配当をもらいつつ、マーケットで評価されること(=株価上昇)も狙えるのではないか?」という仮定の下で自分自身の投資を実践しています。仮定と考えているのは、その投資方法が有用である事を言えるのは、20年以上その方法が機能してなければ言えないと思うからです。今の手法に切り替えてから約7年、先はまだまだです。
 資産形成にあたっては個人によって様々な事情があり、株式投資という資産形成方法にたどりついた自分を幸運に考えています。その中でも将来に渡って有用な運用手段になりえる可能性の高い増配銘柄への投資が自分自身、そしてこのブログを見て下さった方の資産形成などに役に立てたらと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

2017年4月 立川 一

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR