ブレない投資をめざさない 2

 前回の記事「ブレない投資を目指さない」はこちらです。

 さて、今回はブレまくりの私の投資の歴史を見てみましょう。

中学~高校 積立投資信託→ローン完済時点まで保有し続ける
高校卒業直前 ストックオプション→紙くずに
社会人 個別株の積立(銘柄選びは適当)、個別株
ローン完済のため、全て売却する。
2004年 バリュー投資
2005年 ジェイブリッジとか怪しい銘柄に手を出す
2007年 好業績銘柄の逆行高を見て、成長株投資を志す
2008年 リーマンショックで優待株をまとめ買い→いくつか優待廃止の憂き目を見る
2010年 ローソンエンタで自分の調査の限界を思い知り、以後分散投資の徹底。
2011年 増配銘柄の凄さを認識する
2012年 四季報で見つけた全国保証を購入する

 ビジネスモデルを分析した結果上手いこといった全国保証も、バスケット買いした優待銘柄も、増配株も、実はパフォーマンス的にはあまり変わらなかったわけです(笑:ただし、厳密に比較したわけではないので念のため)。私も分析は嫌いじゃないですので、何やっている会社か、売上や利益の推移はどうかを確認はしますが、実は配当を長年にわたって増やしてくれる、そんなに割高でない銘柄を買っておけば、それなりに資産を増やせるんじゃないかという「仮定」に至ったわけです。
 ここで「仮定」としたのはわけがあります。【こちらの記事:最低20年】でも紹介したとおり、私はその投資方法が20年くらい機能し続けなくては結論付けてはいけないと思っているからです。もちろん、結論付ける20年後まで待てませんので、今からやってるわけですが。
 増配株投資ですと、長年に渡る連続増配株が多い米国株投資の方が良いのではという意見もありますが、私は日本株が好きなので当分日本株式を主力において勝負します。ここは個人投資家の特権で、自分の好きな国の好きな銘柄を買って良いので、王道セオリーにこだわりません。むしろ未成熟で非合理的な部分が数多く残っている日本株の方がチャンスは多いと思っています。

 ついでに書きますが、時々話題になる「インデックス投資がマーケットの機能を損なう」という意見、私は疑問に思っています。いくら買い上げられても割高になれば結局売る人は出てきますし、それ以上に価値があると認識されればそれ以上に買われるはずです。むしろ、ここまで大きくなったインデックス投資(日銀のETF買いや年金のパッシブ投資を含む)がなくなってしまえば、マーケットの厚みがなくなり、取引コストが大きくなります。ある日突然証券会社から「来月から10万円以下の売買は手数料1080円になりましたのでご了承下さい」なんてメールが来てもイヤです。デイトレードも含めて、あらゆる投資手法の方がいるからこそ、取引コストが下がり、バリュー投資家は恩恵を受けるので、むしろ感謝しなくてはいけないはずです。
 ついでに、インデックス投資はアクティブ投資家が発見した価格にタダ乗りしている「フリーライド」だという指摘もちょっとおかしいのではないでしょうか。マーケットに参加する以上、(インサイダー情報に基づくものは除くとして)何の銘柄を何時いくらで買うのも自由な訳で、それが特定の指数を構成する銘柄をまとめて買っているだけの事で、何の問題があるのでしょうか。もっともらしい理由を付けて、インデックス投資に難癖付けているだけのような気がするのですが。

(追記)インデックス投資を肯定しているわけでなく、意味なく難癖付けるのはどうかなと思って書いているだけですので、ご了承ください。私自身は個別株投資しか行っておりません。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR