クレカ支払い投資家の強み

 定期預金金利が静岡銀行の0.25%が凄いとか言われている昨今、クレジットカードのポイントはバカにできません。例え0.5%相当の還元といえど、ランキング3位以下の定期預金や個人向け国債なんて普通に0.05%ですから、10万円の買物に付与されるポイントは100万円の定期預金の金利に値します。
 定期預金や個人向け国債はキャッシュバック(例:SBI証券では購入額の0.2%がキャッシュバックされる)を合わせると実質的な金利は高くなります。しかし、クレカもWEB明細にするだけでポイントがついたり、各種キャンペーンや誕生月・特定日のポイントアップなど特典の多さは定期どころではありません。中には数10種類のクレカを使い分けポイントを最大限にする猛者もいるわけです。私はそこまで研究熱心ではないので、最近はちょっとした買い物は「ラインペイ(2%)+ファミマでチャージ(1%)=実質3%」で支払いしています。後は常識的な範囲で、ショッピングモールで得するカードとか、よく給油するスタンドのトクなカードを持って置くとか、そんな程度です。もちろん、ポイントはあくまでポイントで、クレカ払いで無駄遣いをしないことが一番肝心なことですが(汗)……よくやっちゃうんですよ、私。

 なお、余談ですが、最近はSUICAやPASMOの普及で鉄道の回数券を利用する人が減っているようです。しかし、毎日ではないけれど高頻度で利用する区間がある場合、頑張っても負けてくれない運賃が確実に11分の10になります(10枚分の値段で11枚発行してくれる)。さらに、自動券売機で回数券を購入するときにオートチャージのSUICAを利用すると、こちらはオートチャージで自動的に1.5%還元になります。具体的な例を上げると、300円区間を11枚買うのに3000円、1.5%還元で実質支払い2955円、1枚当たり=2955円÷11枚=約269円と1割引きになります。せこい話ですが、こう言ったちょっとした節約は、クレカ払いの何万円分ものポイントに匹敵します。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR