優待株投資家の強み 2

 先日、「優待株投資家の強み」というエントリーを書いておいて、なんと強みを書き忘れたまま終わってしまいました。
 優待株を保有して思ったことは、予想以上に継続保有に対する訴求力があることです。これは良い銘柄ならいいのですが、当然株主にとって良くない銘柄を保有し続ける危険な力でもあります。ストレートに言えば「優待あるしいいか~」みたいな。
 同時に、優待に関して企業の狙いを正しく理解した場合や、優待をきっかけに保有した銘柄が思いのほか企業として魅力がある場合は、投資家にとって大きな利益になることもあります。私も保有銘柄でテンバガーを実現したのはファンダメンタルを切り口にして購入した銘柄ではなく、優待目当てでバスケット買いした銘柄のなかから登場しました。
 残念ながら「これ、優待があるから株主確保できてるようなものだろ~?」という銘柄もありますが、それでも優待のお陰で下値抵抗力に強いこともしばしばです。真面目にファンダを分析したけれど相場で憂き目にあうよりも、優待目当ての方が投資家として生きながらえる可能性もあります。
 そして優待は人間の不合理な部分を突いた制度だということを正しく理解すれば、優待株投資は億万長者になる可能性を秘めているかもしれません。もちろん私は、不合理一直線届いた優待に喜んでいるだけです。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR