増配株投資家の強み

 なんとなく「強み」シリーズのエントリーが続いていますが、まあ一個人投資家の戯言と思って頂ければと思います。
 私は本格的にバリュー投資を始めたころから増配株投資を志したわけではありません。本源的価値より安い銘柄、例えば「保有資産に比べ割安に評価されている」「利益水準に比べ低PERや低CF倍率に評価されている」「持続的成長が見込めるにもかかわらず株価が十分に評価されていない」銘柄を購入し、適正水準や割高水準になったら売却するといったバリュー投資を心掛けたいと考えていました。
 しかし、数々の銘柄の分析を失敗し、自分の銘柄選択のセンスの無さを十分に確認した中で、「投資家に配当の形でキャッシュを還元でき、それを持続的に増やしていける銘柄は良いビジネスを持っているに違いない」と感じることが多々ありました。おそらく経営陣が将来の増収増益に自信がなければ安易に配当は増やすことはできないでしょうし、成長し続けていなければ増配し続けることは不可能です。私の少ない頭でビジネスモデルの分析をするよりも、増配を続けている銘柄へ投資すればビジネスモデルの分析は大部分代替できるのではないかとの仮説を立てました。「将来どんなモノやサービスが売れるか」を予測するより、「増配傾向にある会社はどれか」を探すほうが早そうだと考えたのです。
 もちろん、十分なキャッシュを稼げていないのに高配当や増配を実施している企業もありえますから、決算を見る必要はあるでしょう。そして私自身も山っ気があるもんですから、やはりビジネスモデル分析に挑戦してみたいと常々思っています。そこで、増配株をメインに置き、資金の一部でビジネスモデルで銘柄選択したり、優待株などを保有するのが現在の私のアプローチです。
 ビジネスモデルで購入したもののなかには全国保証の様にパフォーマンス的にも増配銘柄としても上手くいったものもあれば、エスクリのように上手く行かなかったもの(といっても3倍はとれましたが……)と成果は様々です。一方増配傾向にある銘柄もシーティーエスの様に配当のみならず時価も大きく評価される銘柄もあれば、増配は続けているもののプロトコーポの様にマーケットの評価は冴えないモノもあります。
 というわけで、現在は増配7・山っ気2・優待1みたいな感じで取り組んでいます。緩やかに配当と資産が増加するイメージができるので、安心感がありますね。そして、不合理を承知で優待株を持つことで、もらった金券で買物をしながら株主である優越感に浸り、なぜか真面目に分析した銘柄よりもパフォーマンスがいい銘柄が続出する切ない現実に喜んだり涙したりしています。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

立川さんの数多のエントリーを見てから、配当金に関していろいろ意識するようになりました。ありがとうございます。

ただローソンエンターメd(うっ頭が・・・・・)みたいなのをつかんで爆死しないよう、配当利回りだけに踊らされることなく投資をしたいですね。アレに引っかかったかたは結構いたような。

Re: No title

そらさん、こんばんは!そして毎度エントリーに取り上げていただき光栄です(笑)。
まあ、そらさんは私のブログを引用しなくても、自分の言葉で語って下さればと思いますけど。私以上に理解されていると思うので。

個人投資家は企業の経営陣に潜む邪悪な心と行動までは有価証券報告書を見てもわからないですからね。結局、複数銘柄に分散してリスクを抑えるしかないでしょう。タワー投資顧問の清原さんのこの一言に要約されていると思います。

「投資をする人へのアドバイスですか?個別銘柄では、まだみながその価値に気付いていない中小型株を探すことです。どんなに相場環境が悪くなっても、成長する中小型株はあります。長い目で見て、これから人口が減る日本社会でも必要とされると信じられる会社に投資をする。1社だけでは間違いもありますから、10社くらいに投資をする。5社伸びて、5社ダメになっても、中小型株ならたぶんプラスの成績になります。」
Access Counter
プロフィール

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR