2016年の配当金

 今年の配当金がほぼ確定し、昨年比14%増となりそうです。昨年の追加入金はあまり多くなかったので、ほとんどが投資銘柄の増配と銘柄の入替によるものです。初めて配当を受け取った2005年との比較で11年で約20倍になり、優待も含めればハイレベルな節約の実施で生活可能(?)なところまで来ました。現状では配当金より年収の方が遥かに高く、だらけた現状の生活ではとても配当優待生活は無理ですが(笑)。
 資金の追加・銘柄の入れ替え・保有銘柄の増配で年20%受取金額を増加できれば10年で6倍以上、20年で38倍以上になるはずですが、ここまでなんとか年平均30%(相乗平均)の増加ペースで来ました。このペースが続くとは思いませんが、今後も保有銘柄の業績と配当のアップを神棚に向かって祈りながら、受取配当金の増加を目指したいと思います。……神棚に祈る前に、だらけた生活の改善かな……。

 毎年似たような記事を書いています。2010年はチェルトとイオンディライトが合併した年ですね。合併比率には正直不満でしたが、その後イオンディライトが毎年ガンガン増配してくれていますので満足です。今年は保有株数を増やした上に増配した情報企画が配当金額の増加に大きく貢献しました。決算発表後、あまりに保守的な今期予想にパフォーマンスの低下にも寄与しましたが(泣)。

2015年の配当金
2014年の配当金
2013年の配当金
2012年の配当金
2011年の配当金
2010年の配当金

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR