投資資金の増資について

 資金が小さいうちは投資資金の増資をするごとに受取配当が増えていったものですが、資産の増加につれて効果はどんどん小さくなります。また、証券会社のウェブサイトにログインすると前日比なんてものが金額で見れるもんですから、ヒイヒイ頑張って入金した金額の数倍のマイナスなんてものが表示されるとガッカリするものです。
 しかしながら、余程売買が上手な人でない限り、増資は少しずつでも続けた方が良いと思っています。私自身もここ2年くらいは貯金に当てる金額の方が大きいものの、証券口座に継続的に入金しています。元手が少しでも大きい方が、資産額であれ受取配当金額であれ目標金額への到達に近づくからです。それに、パフォーマンスがマイナスでも、追加入金をしていれば損益はプラスになることもしばしばです。
 例として、6月末時点のパフォーマンスが昨年末比マイナス50%、12月末時点で昨年末比マイナス10%だったとします。
 年初100万円の人は年末に90万円になっています。
 しかし、年初100万円の人が6月末に50万円増資していれば、年末に180万円になっています。
 もちろん、例のように常に上手くいくとは限りませんが、私が金額的に一番増資したのは2008年、次投資を始めた2004年、その次に今年です。マイナス幅が大きい時は、保有銘柄の買い増しのチャンスであることもしばしばです。ガッカリゲンナリしながら買い増した銘柄は、報われた時に本当に良かったと思います。もちろん、イヤだったり気が進まなければ無理に入金しなくても買わなくても良いわけで、個人投資家は本当に自由が効くと思います。継続的な入金で、年次パフォーマンスがイマイチな時でも、資産を増加させることができるのです。下がりっぱなしの年もありますけどね……(泣
 バリューな観点から言えば株価は上がるほどリスクは高くなるので、今後は投資資金の増資を控えた方が良いかもしれませんが、今日もヤフオクの売上を入金してしまいました(汗)。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR