毎月TOPIXに勝てなくても

 熊本でのマスコミの対応が問題になりつつありますね。ガソリンの列に割り込んだとか、予約を取りまくってドタキャンとか。全て真実とは限りませんが、マスコミに限らずどうしたら一人でも多くの人が助かるのか考えて行動して欲しいです。また、救援物資の到着もマスコミが取り上げた地域や、避難所からツイートやFBに書き込んだ人がいるところに偏っているとか。何とかならないのでしょうか。

 さて、以前ある投資家さんとの話題になったことで「今月の様に大型株が好調だと小型株中心の自分はついていけないんですよね~。ある程度大型株を組み入れた方がいいのかなぁ?」と言われたことが。私も持っている大型株は最低単元買っている優待株が何銘柄か持っているのと、先日購入した三井住友トラストくらいで、以前から大型株は多分少なめだと思いますので、おそらくその時点では私もお話した投資家さんと似たような状況になっていたと思います。

 ただ、これってどうなんでしょう。仮に大型株を買っていたとしても、保有銘柄が必ずしもマーケット全体に追随して騰がるとは限らないし、小型株を買う時点で機関投資家の買いが入らない分割安になっているから買うケースが多いわけで、長い年月で見れば大型株中心のポートフォリオよりは有利だと思って自分の保有銘柄にするわけです。それを月単位でパフォーマンスが常にTOPIXに勝ち続けるために大型株を組み入れるなら、短期の成績を気にするファンドマネジャーのようなものになってしまいます。TOPIXには5年10年単位で勝てればいいんじゃないかなと。

 バリュー投資家パフォーマンスランキングで年率でプラス二桁三桁の投資家さんを見ていると、それくらいできるものだと考えてしまいがちですが、実際には個人で株式投資(トレード的なモノも含む)に関わって損益プラスの人は1割もいないとか5%もいないとかいいますよね。ということは、投資を開始してから時価評価でプラスマイナスゼロならばむしろOKで、配当と優待分儲けているはずです。そして長いスパンで指数に勝てれば十分ではないかと思います。
 かくいう私もパフォーマンス計算エクセルシートの一番左の列は2004年に投資を開始して以来のTOPIXを入力していますが、2004年5月末1139.94→昨日1363.03なので約+12%です。自分のパフォーマンスは配当を含めていますが、概算で配当を除いてこれを少しでも上回っていれば個別株投資した意味はあるわけです。……と偉そうに言いながら、2月末時点で年初来のTOPXに負けた時はガッカリしましたけど。理屈と感情はリンクしないものです(笑)。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR