生活防衛資金の積み上げ-4

 今年もいつの間にか4分の1をとっくに越えてしまいました。またしても5月に転勤が決まってしまった私は引越し準備に大わらわです。

 そんな中、生活防衛資金は1月に大きな出費があったもののその後も着実に積み上がり、今年は転勤先で勤務形態が変わるため多少給与が見直される予定で、上手くいけば目標の金額に今年中に届きそうです。こちらの毎月の積立額は一日の資産の時価評価の変動よりも小さいのですが、なんというか通帳の残高が増えていくのを見ると何となく安心しますね。多少投資資金を引き揚げれば目標到達は近いのですが、これはこれ。お金に一旦色を付けてしまうと中々戻れません。

(追記)

 数年前までは私も給料日にその月に必要なお金を通帳に残して全て投資につぎ込むオバカだったんですね。しかし、万一の出費に耐えられる現金性の資産をある程度確保して置くことは必要であることに気がつきました。
 投資一辺倒だった私が考えを大きく変え、それを確信にした何度も紹介している、あるブログのエントリーに対するコメント。
「イザとなったら、投資資金を解約すればいいのでは?」という書き込みに対するレスだと思います。
「自分しか解約できない資産しか持っていなかったら、イザという時に家族が困るでしょ?」
 これ、本当にその通り。家族はもちろんだけど、全ての資産が解約に時間のかかるモノだったら、自分だって困るはずです。自分がそんな場面に出くわさなかっただけで、今まで本当に自分がスレスレな感じで生きてきたと反省しました。

 資産の小さなうちや、自分自身がまだ若い(あるいは、若いと思っている)うちは期待リターンの高い株に全資産をぶちこみたいと思うのが投資家の性ってものでしょう。でも、目先はやく儲けることも大事かもしれませんが、私はしっかりとした貯蓄を別に持って安心な状態で投資をした方が良いと思いました。

 どの程度の現金が妥当か、これは個々の事情があると思いますが、最低でも生活費の1~2年分てところですかね。こういうことは私は大分大雑把なので、完全に感覚と想像です。長期的には3~4年分を用意して、安心してリスクテイクしたいと思います。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ : 株式日記
ジャンル : 株式・投資・マネー

コメントの投稿

非公開コメント

Access Counter
プロフィール

vis2004tachikawa

Author:vis2004tachikawa
個人投資家の立川一(たちかわ はじめ)です。

株式投資を始め、バリュー投資に出会うことができて、本当に運がよかったと思っています。これからも長く地味に投資を続けて行きたいです。

投資スタイルはバリュー投資からスタートし、最近はグロース投資に軸足を置いています。受取配当金の増加を重視し、良いビジネスを持ちキャッシュの創出能力のある銘柄に投資していきたいと考えています。結果として資産も緩やかに増加すると理想的です。

日々の株価に、四半期決算に大いに一喜一憂します。基本的に短視眼的なのです。そんな自分の気持ちに正直に、でも投資はゆるやかに進めて、経済的・精神的に豊かな人生を目指します。

投資をしながら「資金管理も含め自分が継続可能で長い時間軸で考えて勝ち続けることのできる手法を取っているかどうか」を常に確認します。

どうぞよろしくお願いします。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR